沼津の「ほさか」で栗せん、茶せん

大手町にあるお菓子屋さん。

地方都市の駅前に行くと、
地元土産で名を馳せる老舗が、
バーンと店を構えていることが多いですよね。

沼津ならば、お茶屋さんとか、干物屋さんとかさ。
あってもおかしくないのに、なぜか見当たりません。

強いて挙げるならば、こちらでしょうか?

駅のすぐ近くにビルごと持っており、
ギャラリーやお教室、中庭の蔵ではカフェも営業しているみたいですよ。

名物は栗せんということで、
少なくとも横浜まで名は轟いておりませんが、
他にめぼしいもんもなく、とりあえずキープすることにしたのです。

購入したのは、割れせん。

だってさ!入り口にドーンと置いてあってさ!、
どうぞこれを買ってください!って感じだったんだもの!

栗せんはいわゆる瓦せんべいの系統で
名前に反して、栗が欠片も入っていない脱力商品。

いかにもSAや観光土産店の片隅に干からびてそうな代物ですが、
侮るなかれ、これがなかなかイケるのです。

入っていないのは栗だけでなく、小麦粉もで、
白あんと卵と砂糖のみをかっちり焼き上げた贅沢なお煎餅。

口どけにやや豆っぽい粒子を感じますが、
すっと通る甘みと糖分焼いた香ばしさでもって、
よりリッチな味わいになっていると思います。

茶せんはまた違う風合いで、パリパリとした薄焼に、
緑茶のほろ苦い風味が漂って、大人のお味。

他にも手広くいろんなお菓子を作っているみたいですが、
少なくともこの2品は当たりで、次行っても買ってくるでしょう。

レクタン大