沼津の「千楽 北口店」で上かつ丼

北口の駅前にある洋食店。

こちらのお店が今回の旅の目的の一つでもありました。

ヨナ太郎さん、オススメありがとう!

遠く沼津の地に、えらく旨げな洋食屋があると知ってから、
時たま、ネットに上がった料理写真を眺めては、お腹を鳴らしておりました。

皆さんも後で食べログとかを見て欲しいのですが、
実にデブキャッチーなお料理がならんでいるのですよ!

いつか・・・

そのいつかが、ついにやってきたわけです!

お店は堅牢な作りで、フロアは広くはありませんが、
奥の座敷も含め、ほぼ満席の賑わいです。

北口の駅前は開発も比較的新しい印象ですが、人ッ気のない状況は同じなので、
やはりこの御店は異質な空間であるといえます。

メニューは定番中心に絞られており、
やはり、看板のカツを絡めたメニューに人気がありそうです。

お目当てはカツハヤシ。
実際、7割8割くらいのオーダーが、カツハヤシです。

しかし、この日を締める最も大事なタイミングに、
連食を経た私の中年ストマックは非常に弱っていたのです。

うんでもって、みんなが食ってるあのボリュームを見て、
白目を剥きながら、かぼそい声で頼んだのが、かつ丼でした。

しかも「ご飯少なくね・・・」なんつって!!

この逃げは、恰幅食べ旅史に残る失態として記録されることでしょう。
次回、沼津に行くことがもしあるのならば、是非、カツハヤシをリベンジしたいです。

しかし、かつ丼の上もなかなかのものです。

一片クルッとさせてありますが、
他店に倍する肉の厚みを確認していただけましたでしょうか。

こいつをガブリと囓る感覚が何よりの魅力です。
また、卵とじ分とは別に卵黄を仕込んであるのが、地味にリッチ。

もったいないのは結構煮込んじゃってるとこかな。
玉ねぎ細かいんだし、もう少し浅めにクリスプを感じさせてくれれば最高なんだけどな!

お料理屋さんとして、何でも旨いだろうという感じでもないのかもしれませんね。

ちなみにこのかつ丼は本店で食べる予定もあったのですよ。2回来ちゃおうと。
計画段階ではいつも自分の限界を過信していますね。

なお、本店は南口の商業エリアの外れにあるのですが、
これがまためっちゃくたびれた風で、外県人がぱっと見ただけでは
こんなパワーを放つお店だとは気が付かないでしょうね。

くそぉ!リベンジを!

レクタン大

コメント

  1. Ca より:

    次回はぜひ、カツハヤシを食べてみてください。
    あたしは・・・死ぬかと思いました。

  2. 管理人 より:

    >Caさん
    女性客が普通にあれを頼んでいるのが信じられませんでしたよ。

  3. ano より:

    男性並みに食べる自分も気合いのいるメニューです 本店も味があるので機会があれば是非行ってみて下さい

  4. 管理人 より:

    >anoさん
    沼津女性は気合い入りすぎです!
    あの渋い本店にもぜひ入ってみたいなぁ。