浜松「ヤタロー」のかすてらぱん

スポンサーリンク

静岡駅には、お土産品も広く扱う「グランドキヨスク」が設置されております。

店内のご当地パンコーナーに、のっぽパンやようかんパン、びっくりどら焼き等と一緒にならんでいたので、試しに買ってきましたよ。

たまに見かけることもあるけれど、これは浜松のご当地パンだったんだね。

「ヤタロー」は給食パンなども担う製パン事業を基幹に、飲食店なども多角展開する会社らしく、我々にはバームクーヘンの「治一郎」の経営でもって馴染みがありますよね。

かすてらぱんについては、このパッケージに説明されている通りのもの。

かすてらぱん……解せないのよ。

私は食べる度に文句を言っているのですが、「そんならもう買うな!」と怒られそうなのですが、カステラを食味で劣るパンで包む意味が分からないのよ! 相乗効果なんて無いよね?

あんこと違い、カステラには具としてパンを食わす強さがありませんから、案の定、この商品では若干のりんごジャムを加えて補強しているのです。

でも、パンを食いたければパンを食えばいいし、カステラを食いたければカステラを食えばいいじゃないか。別々に食べればいいじゃない!って思うのです。

もっとも、ご当地パンとして支持されて、今日まで生き残っているからには、どこかしらに光るポイントがあるのでしょう。そこんとこを誰か教えてください。

ちなみにりんごジャムの他、ブルーベリーの商品もあるみたいです。

けっこう大きなパンなので、食べごたえはあります。若干モソっとするので牛乳と一緒にね!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました