静岡の「杉乃屋」でおでん

スポンサーリンク

駅南銀座にある、おでんとおにぎりのお店。

かつて昭和の時代には身近な場所に、おでんや焼きそばを扱うお店が存在しましたよね。

うちの近所のドベた下町でも、決して珍しい存在ではなかったのですが、近年ではその生き残りが信じがたき観光価値を放ってしまうほどのレアとなり、最後のお店も遂に無くなりました。

しかし、静岡にはまだ残っているのよ!

いわゆる、静岡おでんというご当地名物は、てっきり飲み屋の文化なのだと思っておりましたが、下戸の私がお昼の時間にふらり立ち寄れるような駄菓子屋系、軽食系のおでん屋さんも点在しているのが、うれしいところ。

こちらの「杉乃屋」は駅前のわりと近代的な風景の中で営業するお店です。

馴染みのじいさんばあさんが訪れて、ちょっとした会話を交わしながら、お昼やおやつを買い求めていくような、ほのぼのとした風景を今も守っておりました。いい雰囲気。

店頭では、手作りのおにぎりやおいなり、回転焼きなど販売する傍ら、奥にセルフ式おでんスペースを設けております。

観光客だと察した高齢のお母さんが、丁寧に説明してくれ、お茶も淹れてくれましたよ。優しいな。

おでんは、脂もたっぷり浮いて、見た目はだいぶコッテリとしているのだけど、食べてみると意外にあっさり炊いてあるですよ。

なぜなら、右奥の筒の中に甘味噌が用意されているから! お好みにより、そのままでもイケるけど、味噌をつけても過剰にならない塩梅に仕上がっております。  

大根、たまご、なると、もつ。

青のり魚粉をかけていただくのご、ご当地流です。

うまーーい!

コメント一覧

  1. 美味しそうですね

  2. >匿名さん
    おいしかったよ!

タイトルとURLをコピーしました