東武宇都宮の「春木屋」でゆでまん

スポンサーリンク

二荒山神社のお向かいにある和菓子屋さん。

大鳥居の正面にある馬場通り1丁目交差点は、宇都宮の市街地でも人流溢るる場所。

そんな一等地で営業するこちらのお店は、餅菓子やお団子などを扱う、気取らない菓子店です。

たとえその気はなくたって、信号を待つ手持ち無沙汰に、ついつい覗いちゃうのが人の性。

もちろんそれだけではないでしょうけど、こんな悪天候に於いても、お客さんが途切れない人気店でありましたよ。

看板に掲げる ”日本一の大福” というのが実績なのか、ハッタリなのかはよく分かりません。

それよか、称号とは裏腹に、イチオシ商品がどら焼であることについて、鋭く固めた手刀でツッコミを入れておきたいのです! せめて初志貫徹してくれ!! 

もっとも、このどら焼は、お店が推すだけあって、ちょっと珍しいタイプなのよ。

パッケージにもふんわりどら焼きと書かれておりますが、スフレみたいにきめ細かく焼かれた分厚い皮が特徴で、かじりごたえは満点よ。

一方、皮の強度に対し、あんこがやや負け気味なのは、もったいないかもね。

甘さ控えめなあんこが詰まった豆大福。

これが日本一かと聞かれると、どうかなとは思いますが、景気よく吹かしてもらった方が食べる方も楽しいのよね。素朴な小豆の風味がして、なかなかイケる大福であることは間違いありません。

”ゆでまん”て、なんだろう? 今回、初めて食べました。

調べてみたら、主に北関東の農村地域で食べられる郷土菓子らしく、練った小麦粉の皮であんこをくるんで、茹でたものらしいのよ。

一部沖縄のまんじゅうやいきなり団子の皮みたいな風合いだけど、蒸さずに茹でる分、皮がプリッと仕上がる気もしますね。また、薄い皮に対し、あんたっぷりな比率になるため、あんこ好きにはいいお菓子。

特にこちらのあんこは控えめな塩梅なので、ちょうどよいバランスになって、このお菓子が一番気に入りました。

コメント一覧

  1. 日本一の大福は大きさだよ!わからないのですか?

  2. >匿名さん
    わかるかよっ!
    なるほど、注文すると大きな大福やどら焼きを作ってくれるのね。

  3. 過去に日本一の大きさの大福を作ったことがある。今はわからないが、店頭に見本がありました。少なくとも最近まではオーダーすれば作ってくれてた。

  4. >匿名さん
    なるほど。
    巨大な大福を両手でかかえながら、かじりとるのも一回やってみたくはあります。
    やっぱ、切り分けて食べるのかしら?

タイトルとURLをコピーしました