東武宇都宮の「オギノラーメン」でチャンポン

スポンサーリンク

中央通りの路地にあるお店。

こちらも宮っ子のソウルフードと言われております。

お店については、すでに懐かしいとかレトロだとか言ってらんねぇ域に踏み込んでおりますよ。

コッテコテな店内に、ベッタベタなカウンター。

そして古すぎる水回りの臭いがキツイ。 

目に入る諸々が雑多だし、店員なのかお客なのか分からんヲバちゃんもいるしさ。 

これは…お客を選ぶ店だな。 

店名を冠するオギノラーメンではなく、チャンポンが看板メニューなんだって。

これまたちょっと変わったスタイルで、意表をついた細長いカレー皿的な器で供されます。

お味もいわゆる長崎スタイルのそれとは全く異なりますよ。

むしろ、チャプスイ的な息吹を感じる品なのかな? 

あっさりスープにしゃっきり炒めた野菜が乗る形で、スルッといただける麺。きくらげ代わりに刻んだ昆布ガラが混ざっているのも微笑ましいところです。

そして特徴的なのがお肉。なぜか甘辛に煮込んだ豚バラが乗っかって、これにより一味のアクセントが加わります。ベースのスープも含め、どことなく和な感じも漂うんだよね。

面白い。ただ、外の世界からアクセスすべきお店ではないかもな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました