宇都宮の「宇都宮みんみん」で炸醤麺

スポンサーリンク

JR宇都宮の駅ビルに入る餃子店。

皆さんご存知、宇都宮餃子のエース格である「みんみん」です。

餃子通りにある本店は、コロナ下でも大行列が続いておりましたが、近年は支店もさらに増やしているようなので、必ずしも拘る必要はないのかなって思いますよ。

とっくの昔に手作りの規模は超えており、同じ工場で作られた餃子を焼いてるので、本店でしか味わえないのノスタルジーだけかもしれません。 

今回は餃子以外の宇都宮食を巡る旅だったのにな…

帰宅する段になり、本当にこれで良かったのかと心弱くなって、フラフラッと立ち寄ってしまいました。

こちらは「パセオ」の3Fというか、厳密にはホテルメッツのレストラン街という形になるようです。「みんみん」は2店舗を出店中。餃子定食主体の当店の向かい側に一杯飲み要素を強化した「ステーションバル」があります。

この時は昼時ズバリだったので、何人か列んではおりましたが、それも本店と比べればしれた数よ。冷房の中で待てるし、やはり手近なこちらでいいのかも。

炸醤麺は初めて見たわ!

かつて二号店で出したことがある復刻メニューらしく、店舗限定、数量限定での提供なんだってさ。 

冷たく締まったツルツルピロリな麺は、どこぞの高いうどんみたいなタッチ。

肉味噌も和風の味噌っぽい調味なので、中華というよりは蕎麦屋のアレンジ麺的な品になっています。

パリサクに焼かれた餃子はやっぱ旨い!

真面目なお味よ。

ここまでメジャー店になっても、安易な方向にブレず、野菜主体の控えめな味を保持しているのが逆にすごいと思います。

皮の食感も良いし、肉汁も滲むし、今日まで人気が続く所以を確認できました。 

もっとも、遠路はるばる食いに来るものではなく、あくまで日常の傍らに置きたい系だと思うけどな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました