東武宇都宮の「高林堂 本店」で職人の手焼き どら焼き

スポンサーリンク

大通りにある明治18年創業の和菓子屋さん。

宇都宮駅や東武デパートの他、複数の支店も展開する地元の有名店。

宇都宮ではまだ珍しい立派なタワマン施設の一階に入っておりますが、元々とはこのすぐ裏手にお店を構えていたようです。

看板銘菓は、眉唾な元祖を掲げるかりんとう饅頭らしいので、正直、食指は動きませんが、全般的に伝統路線というよりは、洋風を取り入れたものなど、革新的にいろいろ取り組んでいるお店のようです。

綺麗なお店にはイートイン席も設けられております。

内容は店頭の商品を中心にちょっとしたスイートドリンク等で、甘味処よか簡易な体裁かな。 

一応オープンキッチンも見えますが、出てきた手焼きどら焼は在庫品で、都度、その場で焼いてくれるわけではなさそうよ。 

どら焼きは私の好きなタイプの糖ネッチリな香ばし皮で、つぶあんもおいしい。

実は店頭のフライヤーにこんな感じの写真がアピールされてたので、アイス付きを頼んだ次第なの。そしたら別に出てきやがったから、自分でこじ開けて挟んだ指の跡よ。

やっぱ、これ良いわ。ちょっとお高めのバニラアイスとあんこや皮の味わいが合ってるし、口内の温度も面白くなるから、どら焼きアイスサンドは是非試してみてください。

ほうじ茶もそこそこのティーバッグでおいしかったよ。

実は干瓢を砂糖漬けにした友志良賀というお菓子が伝統銘菓らしく、なんも調べてなかったから、買い逃したぜ。宇都宮っぽいのに!!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました