札幌の「ガラク」でやわらかチキンレッグと野菜

スポンサーリンク

札幌に本店を構えるスープカレーのお店。

ブームに乗って、八王子や中野にも進出してるんだね。

今回は北海道物産展からのお土産品です。

やわらかチキンレッグと野菜のカレー。

昨今では宅配等でも実績ありそうなスープカレーですが、普通に買って帰らせるにはムチャなお弁当だと思いますよ。デパートからこのでっかい汁物をダプンダプン揺らしながら抱えてくる苦行は、修行者をもうっかり解脱させかねないぞ!!

せいぜい階下で買って、EVで上がってオフィスで食うみたいな。ブラウスに飛ぶのを慎重にガードしながら啜るみたいなシチュかと思うのです。

とろとろ炙り焙煎角煮。

大きな器でどれもボリュームたっぷりです。

ポークフランクとベーコンの炙りチーズのせかな?

冷めても食える弁当ではないため、扱いづらいかな。結局、温め直すのに全部一緒くたに鍋に入れちゃったんだけど、ベースは一緒だから構わんよね?

内容も、肉の大きさはともかく、野菜はすでにグズグズで道産子スープカレーらしい具沢山の彩りやゴージャスは弱めに感じます。やっぱし店頭との落差が大きそうです。

ちなみにお弁当一個ごとに辛いスパイスがつき、好みの辛さに調整してくれって仕組みらしいのだけど、これってば超辛ぇし、小袋というにはたっぷりすぎる量が入ってるから、うっかり全量入れてしまうと地獄を見るぞ!!! 

振りかけるだけだと、スープにもようよう馴染まねぇので、喉にチリ粉がダイレクトで張り付いてきやがる! マヂ危険!

奥さん方は、その点だけくれぐれも注意してほしいわ。

お味はまぁスープカレーでした。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました