甲府の「麺ズ 冨士山」で冨士登山うどん 並

駅ビル、セレオに入るうどん屋さん。

移動の前に、何ぞお腹に入れておきたいのだけど、ほうとうが煮えるのをちんたら待ってる余裕が無い時・・・

富士吉田うどんで妥協しましょう!

専門店はアーケードの方でも1店見つけましたが、便利な駅ビルのレストラン街にも入っておりました。

本店は富士吉田の昭和大学近くの林の中にあるようですね。
学生大盛り無料サービスなんかは、そんな関係かな。

居抜きっぽい店内は、スペースを持て余してしまったようなゆったり環境なので、旅の荷物が多くても大丈夫。

うどんのバリエーションは多くありませんが、小うどん付きのからあげや生姜焼き等の定食メニューもありました。

いかにも観光ターゲットな冨士登山うどんは、肉キャベツという吉田うどんの基本に、天ぷらやわかめなどを加えた豪華版。

メニュー写真の時点で謎深かかった円盤型の物体は、ガッチガチに揚げた玉ねぎの天ぷらでした。

特徴は何といっても、ぶっというどんの食感!
麺というか、粉の塊を食いちぎってるようなハードな歯ごたえが魅力です。

ただ、汁や具は取り立ててうまいものでもないので、シンプル肉そばでいいと思うな。

いつかチャリンコで、吉田うどんの食べ比べをしたいんだぜ。