甲府の「清月」でイタリアンロール、甲州レーズン

駅ビルに入る洋菓子屋さん。

南アルプスに本店を構えるお店で、山梨県下にいくつも支店を展開しています。

名物はイタリアンロール!
いわゆるシューロールなんだってさ。

わざわざシュー皮を巻く必要があるの?って感じで、個人的には謎なスィーツなのでありますが、気になるのは、同名同体裁のオリジナル商品が沼津にも存在するということ。

果たして、どっちがインスパイアしたのか?
何となくこっちのような気もするコシの軽さは漂います。

でも、かつて物産や情報が往還した両地の縁を確認するようで、面白くもありますね。

断面はこんな感じ。

清月ではハーフサイズも用意されていて、扱いやすいです。
ハーフだと、大体、4切れくらい取れる分量かな。

ふんわりとした食感で、嫌味のないお味。
シュー皮もしっとりして、食感も含め、良くも悪くもロールに影響しない塩梅です。

「冨久家」と違って、栗片やアーモンドは無し。
その分、クリームの存在感が増しており、全体的に今風なロールに仕上がっています。

何か尖った印象はありませんが、一方でこれを嫌いという人もいないでしょう。

山梨土産としてはるばる輸送するものというよりは、ローカルの日々の食卓を彩るお菓子でしょう。

最近、ご当地で流行っているらしい、巨峰の干しぶどうを挟んだレーズンサンドもありました。

せっかくの粒のデカみが分かりづらいので、今回はズラして撮影していますが、ルックス的になんとか工夫できないかなとは思います。

お味は、これもまぁ普通で、通常のレーズンサンドよりリッチになっているわけではありません。

噛んだときに、巨峰な存在感があるというだけかな?
つまり巨峰の干しぶどうを買って帰えれば良いってことか!?