山梨・甲府の「奥藤本店」で甲州鳥もつ煮セット

甲府昭和IC近くの住宅展示場裏にある蕎麦店。
市内に10近い支店を展開する有名どころなんだそうだ。

甲府でなんか郷土っぽいのを食べようと思ってもここか、
ほうとうの「小作」かくらいしかヒットしないんだよな。

お店は郊外にありそうなちょっと大きめのファミリー蕎麦店のような感じ。

しかし、店に入って、まず鼻に突き刺さってくる匂いがそば屋のもんじゃねーから!
ホワンとした出汁の香ではなく、コッテコテの砂糖醤油臭が漂うのよ!

もはや何がお店のメインなのかは自ずと知れるよね。
B-1グランプリで王座に輝いた甲府鳥もつ煮の元祖のお店なんだそうです。

やはりブームのせいか、我々のような県外ナンバーの車も止まっているのだけど、
けっこう地元のリーマン客が多い様子で、普通に繁盛してるお店みたいだ。
店員の数も多くて、昼時は活気がある風景。

ただ、バタバタ感あり!
なんだかしらないけど、昨日から豚が切れてるとか、わさびがないとか、穴子がないとか、
数少ないメニューの首をさらに締める貧弱な仕入れ状況。

しかも、注文受けてから、やっぱ無いっスってのを2回も繰り返しやがる!

まずは名物の鳥もつ煮。
ここらのそば屋の定番サイドメニューになっているんだとか。
たしかに、リーマン達も揃ってつまんでいるわ。

レバーとハツ、キンカンなんかを甘っ辛く煮たもの。
特別な深みはなく、おそらく見た通りのお味だと思う。

モツはしっかり火を通した感じで、ややボソ感もあり、
とにかくさ、甘っ辛さがすさまじいのよ!

はじめの一口二口はチープな味を楽しめるのだが、
タレを食ってるみたいで、すぐに飽きるし、白米でもなければキツイと思うよ。
また、口直しのはずのレタスが、タレをまとって一番しょっぱいという罠!

グループで行っても小サイズを一皿頼めば十分だね。

とろろ蕎麦の大盛り。

これが大盛りかよ!って思うけど、一応本格手打ちそばのお店なんだとか。

蕎麦目当てに寄るようなことはないだろうが
そこそこコシがあって、そこそこおいしい。

下手に大盛りにするよりも、蕎麦食べ放題セットがお得だと思ったけど、
これまた休止中だったりする。・・・っとに!

天丼セットはごくごく普通。
でも、ほっと落ち着ける存在だ。

結局、他に頼むものがなくて、鳥モツかぶり。
本業のお蕎麦も楽しめるので、これが最も無難なオーダーなのだろう。

メニュー鳥モツ丼というのもあったので、
調子に乗って、タレをご飯にかけたりしたのだが、まぁ甘い。まぁ、失敗した!

くれぐれも白いままのお米の存在を大事にして欲しい!
ちなみにこの期に及んで白米持ってくるのを忘れられても怒らないでね!

ああ、山梨よ、山梨よ・・・

レクタン大