富士吉田の「栄屋」で肉玉そば

スポンサーリンク

吉田うどん店は昼時の3時間営業が基本です。

中には夕食にうどん食いたい人だっているんじゃねーかと、すごく不思議なのですが、あくまで昼食とする頑なに覆われる現状。

こちらは朝から吉田うどんが食える、おそらく唯一のお店なのよ。

ほんとに朝から営業してるのかと半信半疑で歩いてきましたが、やってました。

富士山駅から徒歩で15分ほど。富士急ハイランド駅との中間地点に立地します。

創業90年とのことで、吉田うどん店の中でも最も古い歴史を持つとも言われますが、さすがにこの場所でずっと続いているわけではないんだろうなという、比較的新しく、また何もない住宅街です。

中には数席分のコの字カウンターがあるだけの小さなお店で、棚に縁起物がならんでいるような昭和の生活感漂う雰囲気です。

口開けのお客さんは私一人きり。厨房もまだまだ準備中といった段階で、少なくとも、朝うどん目当てのローカルなお客さんがバンバン訪れる風ではなさそうです。

オススメの肉玉うどん。

肉は豚肉でした。強いて特徴と言えるのかどうか、かっちり火が通った玉子については他店であまり押し出してこない具材かもしれませんね。関東式と違って汁が淡いから、必要ないんだろうな。

出汁は醤油ベースのあっさりで、うどんについては今回食べた中でもっともユルい仕上がり。

すりだねは七味的。

吉田うどん目当てで訪れる場合は、ちょっと弱いかもしれませんね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました