富士吉田の「こうちゃん食堂」で上カツ丼

スポンサーリンク

ホテルの朝食はショボいし、昼は安いうどんだし、夜食くらいは豪勢にシバこうとマークしていたうなぎ店が臨時休業なのかよっ!!

仕方なく、この食密度の低い街を夜間に何kmも彷徨った挙げ句、まさかプランDまでが、一つも開いてなかった時の絶望感たるやっ!!

このまま世を捨てて、お山に入ろうかと思ったぞ!

富士山は全然見えねぇし、天気はジクジク悪いしで、つくづくついてなかった今回の旅なのです。

もうね、営業中の明かりが見えるだけで涙が出てくるわね。

たまたま通りがかったこちらのお店は、ジイサンバアサンでやっている気さくなとんかつ食堂みたい。いかにも田舎の街道沿いの飲食店にありがちな和ロッジ風の建物が懐かしいよな。

この夜の店内は、終始貸し切り状態だったから、やはりギリギリで滑り込めたのかも。

メニューはとんかつの他に生姜焼きや丼など、多くはありません。一応、吉田うどんも出すらしいのだけど、他にご当地っぽい品はもつ煮くらいかな?

カツ丼は疲れた心を癒やす抗生物質! 豪勢に上カツ丼のオーダーです!

こちらの上はおそらくは横に伸びる式で、はみ出た両端の切片がひげのごとく配され、丼を隙間なく覆い尽くします。お肉はそれほど厚くありませんが、豪勢とか吹かしつつ、お手頃価格です。 

お味は実にカツ丼らしいもの。専門店だけあって、豚の香りが良く、おいしくいただけますよ。

ザラリと粒感のあるご飯は少なめで頼みましたが、元々盛りがいいのか、ほぼ減ってないような気もします。もやしの小鉢、漬物、豆腐の味噌汁もなんだか染みるなぁ。

まぁ、遠い旅先で食うもんじゃないような気がするけどね!!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました