富士山駅の「ふじやま屋」で信玄餅たい焼き

スポンサーリンク

富士急の改札脇にある軽食スタンド&お土産売店。

こちらも富士急グループの運営ということで、内容はお察しです。

やはり様々な機能を詰め込んでおりますが、その全てが中途半端な上、ワンオペで全てをこなすお姉さんがただただ気の毒なのです。まぁ利用者も少ないんだろうけどさ。

素直にキヨスク的なものになってくれ、むしろ駅ビルにコンビニを入れてくれ。

そんなお店で、たい焼きを買わなければならないくらい、甘味に干上がった今回の旅行。

街に菓子屋が無い、カフェが無い、あっても開いてない。ホテルの近くにはコンビニも無いし、アイスの自販機も無いから、初日は駅で買ったサイダーをちびちび飲んで過ごしたわよっ!!!

まぁ、そんなことはさておき。

だいぶ小ぶりなたい焼きは、よく見ると富士山に鯛が踊る面白い焼型。皮はふんわか軽いタイプでした。

てっきり、あんこの中に白玉的に入るものだと思って注文したら。中は全て信玄餅なのかよ!

山梨県内あるあるで、どこでもやたらと桔梗信玄餅が押されているのです。

こちらのお店でも各種商品の販売の他、ソフトクリームにつっこんだり、たい焼きにつっこんだり。

そもそも餅を皮で包む意味があるのかは分かりませんが、もともと甘いお餅ですし、若干のきなこと黒蜜が風味づけをして、お味的には成立しています。

ただ、焼き立ては、中の餅がトロけて唇にひっつきまくるので、もう大変でした。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました