【閉店】阪東橋の「海幸 丼丸」でうおがし丼

浦舟町に出来た海鮮丼屋さん。

近年、店舗数を増やしているグループ店だよね。

いまサイトを見てみたら、ちょっと変わっていて、
”丼丸”というのれんと、大まかな枠組みを共有するだけで、
店名やメニュー、盛りなんかは各店主任せというシステムらしいのよ。

自由といっても、仕入れなんかは、
母体を通してスケールメリット出してるんだろうけど。

場所は「浜久」のあったとこ。
定食屋がくたびれ果ててしまうような立地に、よくもまぁと思うところだけど、
今はすぐ隣にクソ立派な区役所様を建造中なので、アリはアリなのです。

さらに横浜橋商店街の中にも別資本で「浜っ子 丼丸」がオープンして、
界隈はよく分からんうちに海鮮丼戦国時代に突入しつつある状況です。

丼メニューはざっと70種類以上。
安値の共通価格ということで驚きます!

お店は独特に厭世的な作りで、中を見せたくないのかな。

”寿司屋が始めた”とか言いつつも専門色は感じられず
おばちゃんパートがゆるく具を乗せている風景です。

一応、中でも食べられるみたいですが、
お弁当がそのまま出てくるような感じで、簡易な対応みたい。

奥が定番の海鮮丼、なんとウニが入ったのうおがし丼、バラ丼です。

もちろん、すげー旨いとかm,そういうのはありません。
薄っすいイカも得体が知れないし、酢飯もいまいち安いです。

しかし、スーパー等のそれと戦うことを考えるのならば、
これは十ニ分に対抗しうるスペックを持っているように思えます。

いずれも並盛りですが、ボリューム的にも満足。

気さくなお弁当として、便利に使えそうですよ。