阪東橋の「麺屋 M」でラーメン

16号線沿いに出来たラーメン屋さん。

「一っとく」があった場所なんだけど、
唐突に出来ちゃった感じでビックリしたわ。

中はこざっぱりとしたカウンターに改装されてますよ。
ゲスい店が多いエリアなので、こういう清潔感は貴重です。

メニューは今んとこ、魚介醤油の一系統のみ。

のれんに自家製麺て書いてあったけど、
一番良かったのはシコプリな縮れ麺。
適度な歯ごたえがあって好きなタイプです。

スープは和っぽく節の風味が広がるもので、
飲んだ後にもモタれず、スルスル入っていくような感じ。
それでいて十分にコクがあって、麺にもよく絡んでいますよ。

豚はバラと肩の二枚、細メンマと海苔。

十分においしく、数年前だったら地元の大事件になってるとこですが、
私自身の感性が鈍っているのか、更なる一歩も期待してしまうんだよな。

面白みというか、個性というか、見た目の美学というか、そういうの。

お店の兄貴の感じも良いし、
まずは基本のラインを固めつつ、
その後、いろいろ遊べる余裕が出てきてからが楽しみかと。