阪東橋の「あかつき」で醤油らーめん、ミニマーボー丼

浦舟町にあるラーメン居酒屋。

オープンして、もう15年とかになるのでしょうか。

今でこそ、周辺エリアに幾つもの実力ラーメン店が出来ましたが、当時は土着の中華店くらいしか選択肢が無かったので、こういう専門店が出来たのは地元の衝撃でしたね。一時は長い行列もできていましたし。

木の質感のある比較的ゆったりとした店内に鎮座する大きな羽釜のインパクト!

細かいお味はもう忘れてしまいましたが、当初はとにかく胡椒が過剰であったことが記憶に残っています。今、ネットで見たら大勝軒ルーツから始まったということが書いてあったのですが、ベースのスープに関しては、確かにそんな雰囲気だったかもしれません。

その後、調理人が変わったようで、メニューに関してもだいぶ中華寄りになりましたね。

私も通りがかりにちらっと覗く程度で、その後は全く寄り付かなかったのですが、集客的にもボチボチな営業で、区役所開設以降も大きくは変わっていない印象です。お昼はまた違うのかな?

依然として麺類を中心としたメニュー構成。
ただ、点心やちょっとした中華つまみなどにも対応するようになりました。

カウンター上には自家製の果実酒各種がドーンと列んでおり、その他、酒類も豊富なので、飲み利用する人も多いのかもしれません。

分かりづらいですが、焼き餃子は白赤二色を取り混ぜて出してくれます。
具もラーメン屋のそれでなく、中華料理屋さんぽいもの。

また、基本は5個のところ、分けやすいように6個対応をも提案してくれるような、ヲバちゃんの気配りがうれしいです。

麺類は種類多めにラインナップされていますが、まずは基本のラーメンから。

スープは煮干しや節を使ったような和風のあっさり味。
香味油のせいか、ちょっとこもったような風味が気になりました。

ちじれ麺。
厚切りのチャーシューは柔らかくて旨いです。

担々麺は見た目ほど辛くはないです。
麺が違って、こちらは平打ち麺を使用。

お味はラーメン専門店のそれとして考えると、どちらもやや弱く感じます。

マーボー豆腐も自慢ということで、ミニ丼でいただきました。
たっぷり入った粗挽きのお肉。甘辛なベースを山椒がピリリ締めつつ、最後は紫蘇でさっぱりさせています。

これは作りたての大盛りを食べてみても良いかもな。

いっそ中華屋さんにしちゃっても良いんじゃないと思うのですが、どうでなんしょうか。

レクタン大

コメント

  1. 通りがかり より:

    すいません、結構良い評価だなー 美味しいんだなーと思って見てて、最後の点数で驚いたんですが。。 単なる打ち間違いだったらと思い コメ残させてもらいました。 不要でしたら削除ください。通りがかりに失礼しました。

  2. 管理人 より:

    >通りがかりさん
    間違いではないです。
    つっても、当サイトは☆1が基準点なのですよ。