阪東橋の「一二三屋」でおかめとじ

医大通りにあるお蕎麦屋さん。

ごくごく普通の町そば屋さんですが、
お医者のご厄介になると、蕎麦くらいしか喉を通らないこともありますよね。

マンションに入って小奇麗な構えになっていますが、
中は活気を吸い取るような薄暗さで、
まぁ、落ち着いてお食事が可能です。

ご高齢のバァさんが給仕してくれ、
達者だなと感心しつつも申し訳なく、
むしろ自分で盆を運びたくなる感じ。

おかめすらそうそう頼んだこと無いのに、
卵とじまでかますアレンジでレア度アップ!

しかしおかめ顔は全く隠れてしまうアイデンティティの崩壊。

カレー丼セットです。

日本のカレー界で一分野を立てる蕎麦屋のカレー。

こちらのそれはモッタリ黄色で、
スパイスの刺激をほとんど感じられないボーダーライン。

なんとなく既食感があると思ったら、
沖縄カレーの雰囲気があるのかもしれません。

これはこれで弱ってる時や胃弱にいいかも知れないわ。