阪東橋の「伊勢屋」でさば味噌煮定食

医大通りにある定食屋さん。

久しぶりの訪問です。
まぁ、久しぶりといっても、2回目なんだけどさ!

いつまでも気持ちは若かったはずの私も、
定食屋さんていいな・・・ってな、くたびれた気持ちが芽生える歳になってしまったのですよ。
皆さんも御存知のように、わざわざ遠方まで安定食を食べに出かけることもあるわけです。

しかし、めちゃくちゃ近所にこあるこのお店にはどういうわけか足が向かないんだよな。

なんか、覇気を感じない店頭でしょ?
中の様子も伺えず、こりゃいつ潰れてもおかしくないなと思っていたんだけど、
飯時にはそこそこのお客さんが居るみたいなんだよね。

店内はペラペラにチープだけど、
こざっぱりとしていて、ヲバちゃんが元気な声で対応してくれるよ。

ここは基本的に定食形式で供するお店なの。

白板に若干の単品の書かれているので、
酒のアテにしたり、一品足したりもできる。

とりあえず、定番のさばの味噌煮をいただいたぜ。

サバは頭か尾っぽかを好きに選ばせてくれたよ。
私は脂の量と幸福度が比例してしまうメタボですから、むろん腹身の方をいただきますとも!

前回の手ごねメンチもおいしかったけど、このサバもよく煮えてるわ。
添えてある青菜に味噌を吸わせてご飯と食べるのもまた楽し。
小鉢は鶏ワイン風味大根煮かな?

こうして振り返ってみると、特に不満はないはずなんだけど、
同時にどこかもの足りないような感覚もあるんだわ。

一口に定食屋さんといっても、それぞれ性格があるみたいで、
大学や工場の近くにある店、繁華街や商店街にあるお店、
客層に応じて、微妙なチューンされているんだよね。

病院通りにあるこのお店は高齢者が寡黙に一人飯をモサるようなイメージで、
お盆の上の定食も、なんとなく枯れている気がするんだわ。

十分おいしいし、値も安いけど、
私が入るにはまだ時期の早いお店なのかもしれないわ。