黄金町の「ニジ」でフォーBo

黄金町の路地裏にあるベトナム料理店。

このお店にすっと入っていける在華坊さんを尊敬する。
私なんか、決心するまで一年もかかったぞ!

つか、まだお店が続いていたことの奇跡だな。

冒頭で”路地裏”なんて、かわいく書きましたが、
「つたや旅館」の廃墟が鎮座する、暗黒罰ゲームのようなあの場所です。

壁面を虹で飾ってみても、なんも足しにならんから!

しかも、お店というか、薄暗~い民家なのよ。
内部には動きのかけらも見られないし、
居間の窓から侵入していく、このエントランス。

もう入るだけでドキドキもんでしたが、
奥から漏れ聞こえるのは、ミャーミャーいうような独特の響きで・・・

アート系のなんちゃってエスニックではなく、
本場モンの住んでいるお宅だったみたいです。
もはやこの地では、何があっても驚かないけどね。

声をかけると兄貴がユルユルやってきて、台所で調理を始めます。

暗すぎてよく見えませんが奥はスナックのカウンターっぽくなってるし、
なぜか鉄板対応のテーブルがあったり、テーブルには各種タバコ?が山盛りだったり、
本当に得体のしれない環境です。

メニューはベトナム家庭料理ということですが、
フォーをメインに数品のみ。値段は安く、よく分かんないです。

牛肉のフォーはこんな感じ。

小鉢でもしょうがない値段ですが、
米麺などはしっかりとしたボリュームでも盛りつけてくれますね。

あっさりパンチのないダシに、ほんのりと魚醤のアジアな風味。

特別、後は引きませんが、普通に食事をして、
無事に帰ってこれただけ良しとしましょう。

なお、お店まるごと貸しきるパックもあるみたいですよ。
誰が使うのかは分かりませんが!

レクタン大