黄金町の「鶏源」でタンメン

平戸桜木道路沿いにある鶏白湯のおいしいお店。

これまで、くたびれて、お客さんもそう多くはないけど、ラーメンはおいしい店です的に書いていましたが、失礼しました。

今回はいつもと違って、まだ夕食時と言えるタイミングでうかがいましたが、店内は満席に近い繁盛ぶりでしたよ!

今回はタンメンを攻めたいと思います。
煮込みではなく、通常のラーメンに野菜炒めが乗るタイプ。

ベースはやはり、こってりクリーミーな鶏白湯なので、本来、デブは自制しなければならない類のもの。

でもね!でもね!
野菜もたっぷり食べるから、これはセーフなんじゃね?
いろいろ相殺されるんじゃね?という勝手な贖罪を設定してしまうメニューです。
肥満の神様、マヂでお願いします!という感じです。

一般的にタンメンというと平打麺+ニンニクってイメージですが、これも悪く無いです。
やはりスープが旨いので、野菜ともよく親和すますし、いつもの細麺でも問題なし。

でも、欲を言えば、もう一要素のギミックがほしいかな。
 

 
カリッと焼けた餃子は大衆ゲス味でフツー。
でも、餃子食べたいという時はこういうのを想像しちゃうんだよね。


 
こちらはデフォの塩ラーメンです。
 
おいしいです。

でも、夜中に食べちゃダメなんだぞ!!