黄金町の「ステーキハウス テラ」で100%ビーフハンバーグランチ

大通りに出来たステーキハウス。

以前はご当地に似つかわしくない、まっとうなスペイン料理のお店だったのですが、いよいよネクストステップに進まれるということだったので、もっといい場所に移転されるのかなぁと思っていたのです。

そしたら、跡地はなんとステーキハウスとしてリニューアル。
そんでもって、厨房にも引き続き店主が立たれている様子で、よく分からんのです。

ステーキハウスといっても、ここは横浜の下町でありますから、いたずらな高級路線ではなく、大衆向けの手の届く設定になっていますね。

また、以前は無かった週末のランチ営業もしていますので、本格スペイン料理に尻込みするような地元層にもとっつきやすくなったのかもしれません。

まずは普通のミニサラダ。

牛100%のハンバーグはデフォで200g
香ばしくおいしそうに焼けていますね。

中を割るとじわじわ染み出す肉汁。
食感はつなぎ柔らかな感じではなく、ややバサ感のある肉っぽさ。
香味がちょうどよい具合で欧風を思わせます。

ソースは数種類から選べ、これはデミグラスなのですが、容器が小さくて不足気味です。
これはまぁ、そのままの味を楽しめってことなのかな? 

普通にイケるランチです。
ただ、黄金町らしからぬ本気ぶりが魅力だっただけに、裾野を広げた分、薄まってしまった部分もあるのかなとは感じました。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大