【閉店】黄金町の「リバーサイド」でまるごとチキンカレー

スポンサーリンク

大岡川沿いに出来たカレー専門店。

ミサイル超獣さんとこで、教わったお店だよ。

元はバーガー店だったとこなんだけど。
狭いし、鉄板プレイにに耐えられる空調でもなかった様子。

でも、カレーのように予め仕込んでおけるものなら、問題無さそうじゃんね。

カレー&カフェということなんだけど、
今んとこチャイやスイーツの姿はなく、
オリジナルのチキンカレーとドライカレーに、
ラムなどのお酒がメニューラインナップされています。

カウンターの向こうには独特のオーラを漂わす年配のマスター。
うん、なんかカレー屋っぽい!スパイ道を極めそうな気がする!

検索してみたら「nitehi」に関連しているみたいで、
なんらかのアート畑から発生しているのかもしれないな。

お店一押しという赤字覚悟、数量限定の
まるごとチキンカレーをいただきました。

こちらのカレーは素材が溶け込んだもので、
デフォではライスの上に鶏のほぐし身がちょこんと乗る仕様。

注文品は比較的大ぶりカットされた鶏モモが2個乗って、
よりゴージャスな方向にチューンされています。

この際、近くの鶏肉屋の名前を出して、
アピールしてくるところが、いかにも地域店ぽいよね!

出てきた時は食べ辛ッて思ったのですが、
お肉はスプーンでも難なくほぐれるほど柔らかく、
それでいて鶏の味も失っていないボイル具合で悪くないの。

ただ、こんがりな焼き色と違って、
白い茹で色はいまいち食欲をそそらないよね。

世に焼き鳥やチキンカツのお店はあっても
茹で鶏のお店は無いという事実。

当然のことながら幾ばくかの水分も含んでおり、
スペシャルトッピングとして看板をはるのは難しそうです。

もっとも、ルーを主役にして邪魔しないという意味では、
こちらの方が違和感なく馴染みますので、なかなかに悩ましいところ。

まぁ、デフォのチキンカレーでいいのかなという結論です。

盛りは若干軽めな印象かも?
具がない分、やや寂しくも感じ、割高感につながるかもしれません。
その意味でもいかに飾るかを問われそうです。

ただ、カレー自体はおいしいのです。

粘度の低めのルーはピリリとスパイシーで、
インドっぽくありつつも、どこか肌に馴染んでくるようなもの。

マヨをかけるのがオススメいうコメントも、
なんかD級なので躊躇しましたが、事実バランスが良くなるような気がするので、
一度は試してみることをオススメします。

諸々微調整されると、もっといいお店になりそうなので期待してます。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました