黄金町の「晴れる家」でねぎめし

マイステイズの裏手にある家系ラーメン店。

黄金町駅からの人通りが無いわけではない立地なのです。
その一方で、飲食店としては恵まれたとは言いづらい環境と構造なんだよね。

正直、どうなのかなと思っていたのだけれど、今日まで続いているのは立派です。

昼に意外と賑わってとこを何度か見かけていますが、夜はぼちぼちかな。
この日は異国なアクセットの兄貴が一人で対応してました。

ラーメンは割とオーソドックスな家系です。

決して悪くないお味で、マイステイズから夜食を食べに来て「横浜家系食ってきたんだぜ!」という話になっても、「いやいや、ちげぇわ」とは言われない水準であると思います。

私が前から気になってたのはサイドでプッシュされているねぎめしの存在です。

白飯の上に、細かく切った小ネギ、鰹節、ポン酢。
それほど、奇異な作りではありませんね。

皆さんもご存知のように、家系ラーメンには単体でどこにも持って行き場のない海苔という謎要素がありますよね。

こいつは白飯でもって受けなくてはならないという暗黙のしきたりもあるわけですが、こちらでは、ぜひこのねぎめしを巻いて食べてみろってことらしいのです。

なるほど、なるほど。

ネギや鰹節も合いますが、ポン酢の酸味がポイントなのか。
家系にお酢を垂らして食う人も居ますよね。こってりスープを酢で中和する要素は正しく、下手に肉や油なご飯を合わせるよりは良いのかも。 

ただ、米がバラバラに砕けた炊きあがりは、食感いまいちなので残念です。