黄金町の「黄金家」で並盛ラーメン

「洗濯船」のならびにできた家系ラーメン店。

以前、長者町1丁目にあった「永楽家」の関係みたいだよ。

通りの先に突如現れた赤い光。

なんぞやと思って、見に来たらラーメン屋じゃん!開店準備に全く気が付きませんでしたわ。

ここは大通りからすぐの場所とはいえ、何もない脇道なので、人っけはほぼありません。オープン直後だし、立派なお店なので、もうちょっと賑わっていいはずなのですが、滑り出しからガラッガラで、ちょっと心配になってしまいます。

つか、ここらに家系はいいかげん飽和状態だと思うの!

並盛ラーメン。オープン記念のトッピングサービスで味玉をもらっちゃいました。やったー!

生ガラを煮込んでとったというスープは、他と比較すると、あまり重くはない仕上がりです。あと、ほんのりな甘みが口に残るかな。

麺は頃合いの茹で加減。味玉はしょっぱ系で普通。チャーシューは燻香があるもので、程よい厚みと噛みごたえがあってよろしいです。

周辺にラーメン店ができる度に「鹿島家、終わった」と思うのですが、あのペラッペラが意外にしぶとく生き残っているのは、やはり立地アドバンテージ故なのかな?

少なくとも、お味はこっちの方が全然良いので、お忘れなく。