黄金町の「角田メガネ&カフェ」でトースト

初音町の大通りにあるメガネカフェ。

いやぁ、最近まで気が付かなかったのよ!

そもそも、こんな場所に眼鏡屋さんなんかあったっけ?というところからビックリしています。自分が利用しない場所って、日常風景の中に溶けてしまって、唖然するほど認識の外だったりしますよね。

やはり、昔から営業しているわけではなく、馬車道からの移転なんだそうですよ。我が家は異邦の趣味世界へ旅立ってしまった「山下メガネ」派だったので、旧店舗もまた馴染みはありませんでした。

こちらの新店はメガネと時計を扱う点は変わりませんが、なんと、カフェを併設しています!お花屋さんや美容院など、世に併設カフェはいろいろありますが、メガネ+カフェというのはなかなかにマニアックじゃん!

これで地味なメガネっ娘が、もじもじ接客してくれたらもうサイコーなんだけどなぁ。残念ながら、そういうラノベ展開はなく、奥で作業中だったお父さんが出てきて対応してくれましたよ。

メニューはコーヒーを主体として、絞られております。いずれも安価で、買い物帰りの一服にうれしい設定ですが、いかんせん、市が多額を投じるアート町おこしが功を奏して、付近には人っ子一人歩いていないため、お客さんの姿を見たことがありません。

ショコラセットです。

クラッシックショコラはちゃんと自家製ですよ。この他、レアチーズケーキも用意されているようですが、やはりコーヒーとの相性を重視した構成みたいです。

手作りのホッコリ感を漂わせつつ、重すぎず、粉っぽくも無く、それでいて、コーヒーの強い味を受け止められる食べたえ。いや、馬鹿にできない仕上がり。

コーヒーはブレンドにしましたが、ほのかな甘みと酸味があるタイプで、これもまずまずです。

どちらも、やっつけで出す感じではなく、ちゃんと一歩踏み込んだクオリティで提供されていると思います。

店頭のボードに記された ”当店自慢” の文字が、いったいどこにかかったものなのか、視力検査か、はたまた電池交換か、いやいや、厚切りトーストのことでした。

なにが自慢なのかというとね、パンから自家製なんだって!

こんがり炙られた表面はサックリ、中はふんわりとして、確かにそこらの食パンより、おいしいですね。これは私もオススメしたいです。

なお、週末は若干メニューも増えて、軽く飲めるような設定にもなるみたい。

ぶっちゃけ、メガネ調整や時計の電池交換の合間に一服ってシュチュエーションは、実際、年に一回も無いですよね。そうしたメガネ屋属性には引っ張られず、純粋に小気味の良い喫茶店さんとして、近隣の皆さんがもっと利用してくれると良いなと思います。

もったいないもん。