黄金町の「松林」でマーボ炒飯

スポンサーリンク

平戸桜木道路にある中華店。

りぷとんさん、オススメありがとね。

どういう素性のお店なんだろうか?

低層階の大通り側に家屋の景観を一部復元したような?謎ビルに収まっているのです。

関内あたりのパターンと違って特別、歴史価値がありそなものでもないので、単にオーナーのノスタルジーだと思うのですが、その復元部分に入るのがこのお店です。

”まつばやし”だし、中華だけでなく和食の文字も見えるし。つまりはここで昔からやっていた食堂だったのかしらと記憶をたどってみても、そもそも黄金町のこっち側なんてほとんど来たこともないから、何一つ思い出せないのよ。

んで、現在はすっかり下町中国人中華店の様相だから、謎は深まります。

食べ飲み放題があったり、刀削麺の文字が見えたり、その一方で、なんこつ揚げのような居酒屋つまみも出してたり、要素は過多です。

やはり地元の面々の気さくな食堂になっている様子。 使い込んだ感じの店内は、雑多な客層で賑わっており、思いの外に活気がありました。奥さんの対応もにこやかです。

ここならば、なんも気取りようが無いから、私もすげー楽に過ごせました。 坂から降りてくる関学生もすぐ脇を通っていく関係で、帰りに安価な麺を引っ掛けるような使われ方もしてるみたいよ。

メニューは定番の中華を中心にいろいろありましたが、ことさら人気の品が見えるわけでもなく、お客さんは思い思いのオーダーをしておりました。

私は日替わり品から、マーボ炒飯を試してみました。あえていうなら四川ぽい感じだし、”陳”麻婆豆腐を推してるような雰囲気もあったからさ。

結果、チン毛のかけらも混じってないような、山椒っ気の無い、甜麺醤甘いマーボ―がやってきました。炒飯もごくごくシンプルで、まさに普通の中国人中華って感じです。

オススメにも”完璧に普通”って書かれてたしね!

ミソス―プと杏仁がつきますよ。

コメント一覧

  1. かなり昔の話ですが、ここは天ぷら屋でした。
    松林は味を求めるようなお店ではないので私は中華居酒屋として利用しています。

  2. >Star(Wвб)ノさん
    天ぷらや!
    全く覚えてないですわ。

タイトルとURLをコピーしました