黄金町の「パン工房 カメヤ」でアップルパイ

スポンサーリンク

末吉町にある手作りパンのお店。

根岸で創業してから90年という古いお店です。

今ね、以前は横浜橋にあったと書いてあるのが目に入って、愕然としてたのよ。

そういえば、丸十以外にもう一軒パン屋があって、こっちのケーキ店に統合されたような、そんな記憶があったり、なかったり、なかったり。いや、お店の様子とかさ、場所とかさ、たかだか15年前のことが全く思い出せないんじゃん! 怖わわ!! これが老化ってやつか?!

その後、この裏道で、ボチボチと商売を継続されております。洋菓子の方はもう作ってないみたいですが、飲食店にパンを卸したり、仕出しなんかにも対応してるみたいよ。

店頭は仕入れ品の煎餅や羊羹もならぶユル~イ雰囲気。パンは数も種類も決して多くはありません。

そして、ある金額を買うとホットコーヒーを一杯サービス中なのであります。つまり、コーヒーの冷めない範囲に住む単身者が、朝やお昼に立ち寄って、ちょいとつまむものを買っていくお店ってことなんだろうね。

こちらは惣菜パンやサンドイッチの印象が強いかな。

特にお気に入りはたまごサンドね。

ご覧の通り、ごくごく普通のなんてことないサンドなのよ。でも、食べてみると、黄身の風味がほんわかと素朴な味わいで、しみじみ善き哉。巷のフィリングと違って、あえて攻めないとこが、たまごサンドにとっては最適解なのかなって思った次第です。

あと、これも地味にオススメなのが、アップルパイ。ポンパのそれで育っている私などは、むしろパン屋さんの商品として、刷り込まれているのです。こちらのはよりオーソドックスな仕上がり。

かっちりサックリ、パイっぽいパイ皮です。細切れになったしゃりっと甘いりんごにもインパクトがあって、どこかホッとするようなおいしいアップルパイだと思います。これはホールでも買えるよ。

噛みごたえのある塩パンに、上方がキュッとなってる、きめの細かい山型食パン。くたびれてるし、派手な魅力は無いんだけど、時たま侮れない部分が見えるお店です。

コメント一覧

  1. そうそう!
    そうなんですよう!
    ワタシもここの玉子サンドが大好物♩
    ハムサンドとセットになったのを、ジャックアンドベティでだけは売っているので、映画観ながらアレを食べるのが楽しみなのです。
    あの辺夕方に歩くことがあったら、必ず覗いて買っているのです。
    長く続いて欲しいお店ですよね〜!

  2. >アリーマさん
    さすが!
    地味なポイントをおさえてらっしゃる!

タイトルとURLをコピーしました