【閉店】黄金町の「出嶋屋本店」で上ヒレカツ丼

スポンサーリンク

モールの6丁目にあるおそば屋さん。

そういえば、さのやなぎ先輩がカツ丼の話をしていたなぁと。

めしどきを外してしまった場合、通し営業なのが助かるよね。

もっとも、酒飲みながら痴話喧嘩の水カップルとか、
携帯に向かって、わんわんわめいている爺さんとか、
香ばしい客層に囲まれるんだけどな!

たまたまか!

メニューを見たらカツ丼はヒレのみで2クラスあるみたい。
聞いてみたら、肉の大きさと卵黄が乗るか否かだって。

卵好きなので、リッチに攻めるぜ!

カツはアツアツ揚げたて、この時点でちょっと嬉しい。
ザックリとどことなくワイルドな風味も悪くない。

ただ、ヒレをロース型に開いてあげているので、
厚みのばらつきや、衣しか存在しない部分があって荒っぽいかな。
上にしても肉は大きいとは思わないな。

また、どちらかというとタレがあっさり目なので、
卵黄がさらにボカしてしまうため、痛恨の逆効果かも。

まずまずといったとこかな。
頼むなら、そばセットか並で十分。

コメント一覧

  1. ほんま師匠さま!おかえりないませ.お疲れ様でした.

    さて、早速ですが「そばセット」の小かつ丼はロース勝煮込み系で塩味がきつく
    好みが分かれるところです.

    私はやはり「並ヒレかつ丼」がバランスが取れていて良いと思いますよ!

    まぁ、これも好みですがネ!私のお好みは、店内で酒をリオーダーしまくり、つまみ

    をたべまくり、「並ヒレカツ丼」持ち帰りで、汁少な目!

    んで、10分後に食します!これ、最高!

  2. >さのやなぎさん
    蒸らし長めで、シットリさせる作戦ですか。
    飯がブヨらないよう汁少なめで。
    なんて手練れたこだわり!

  3. たま~にコチラのサイトに立ち寄る者です。

    114年の歴史がある「出嶋屋 本店」閉店してしまいましたね。残念・・・

    根岸橋の所に支店があったそうですが、そこも潰れたみたいです・・・

  4. >情報屋さん
    サンキュー。
    歴史が途絶えてしまったのなら残念ですが。、
    マンション開発待ったなしの状態でしたもんね。
    根岸橋の支店の存在は知らなかったなぁ。

  5. 1980年代、出嶋屋本店は相生町通のベイスターズ通と交差する処にあつて汁の旨さで関内一と思つてゐましたが、呆けたやうな蕎麦の某R庵がセンタービル(現セルテ)傍にでき伊勢佐木モオルの彼方に移転を余儀なくされた、と覚えて居ります。

    嗚呼、閉店したのですね。死ぬ前にあの江戸前の蕎麦を喰つておきたかつた喃。

  6. >RTさん
    文化人が通うには場末な立地だと思っていましたが、元々は関内にお店があったのか。どうりで。
    晩年は地元でも存在感を示すような冴えは見られませんでしたが、たしかに汁はおいしかったかも。

  7. 記憶で書いてしまいました。謹んで訂正をいくつか。資料は市立中央図書館蔵の明細/住宅地図です。

    1 その昭56(’81)版で、関内の出嶋屋は「そば処出嶋屋」という屋号で相生町1丁目、今のベイスターズ通りとの角から2軒目「リバースビル」に入っている。その前の昭53版にはこのビル自体なし。よって伊勢佐木モール本店の出店か。(撤退年度は未調査です)

    1 今の利休ビルは昭37版に載っていて、その前の昭34版には「空地」とある。しかし「創業昭和22年」の真偽は? http://www.yokohama-norenkai.jp/rikyuan/data01.html関係は不明ですが日本橋の同名店は自社HPで昭27年創業と謳っています。

  8. >RTさん
    映画やドラマではなく、昔の街並みを流すだけの映像資料が見たいよなぁ。
    今はグーグルマップで遡れるけど、当時はそういう記録のための撮影はしてなかったんだろうなぁ。

タイトルとURLをコピーしました