黄金町 の「横濱いせぶらカフェ」でアレルギー対策セット

モール6丁目にある喫茶どころ。
「川本屋茶舗」のやっている健康茶カフェなのよ。

特に目立つところのない街のお茶屋さんで
あんまり流行っているふうでもなかったのよ。

明治創業の老舗だったとは知らなんだわ。

近くなので、前を通ることも多いのだが、
いつ頃からか「かふぇ」の看板が出るようになって、
マヂか?って気になっていたの。かふぇだぜ!

実際、お店の一角が茶飲みスペースになってたわ。
腰掛けはお茶箱な。

どうやらお店の若い世代ががんばろうとしているみたいなの。

てっきり、お煎茶メインなんだろうと思って入ったら、
よもぎ、どくだみ、目薬の木、びわの葉、ゴーヤやごぼう等、
国産健康茶の専門カフェで驚いた!

自然派の喫茶だと、1種、2種は置いてあるところもあるけど、
これだけのバリエーションを揃えた健康茶処は県下でも珍しいと思うよ。

アレルギー対策セットは静岡産べにふうき茶と栃木産目薬の木茶のセット。

セットでなくても好みの二種類を好きに組み合わせ可能。

目薬の木は文字通り目に良いお茶。
久しぶりだけど、ちょいとくせのあるスパイシーな風味で面白い。
鼻に良いべにふうきは煎茶なので飲みやすいよ。

デフォのお茶請けで、
抹茶とほうじ茶の自家製のお茶クッキーがついてくるみたい。

足し湯して三煎くらいまでおかわり可能なんだけど、
一回一回お兄さんがやってくれるシステムがせわしない。

クイッと飲み干すタイミングを測って、ちょいちょいこっちを見に来るため、
あんまりくつろげる感じではないんだよね。

予めお湯をズドンとおいといてくれれば、だいぶ気が楽なんだけどなぁ。

ちゃんと煎茶のセットもあります。

これは「いせぶら炭の香り」というオリジナル高級煎茶らしい。

ポチョンと垂れた一煎目がめちゃくちゃマッタリ~
・・・というようなマニアックなタイプの飲ませ方はしていないみたい。

こっちは普通にいただけるお煎茶で、
ある意味、健康茶に特徴を持ってきた作戦は正解かもしれんな。

追加でパウンドケーキもつけてもらったのだけど、
クッキーと同じく二種類合盛で楽しめるよ。

クコや干イチジクがたっぷり入った方が特に好きだな。

お菓子はいい意味で手作りの素朴さがあり、
また、お茶屋さんらしくお茶の香りや存在感を楽しめる仕上がり。
こりゃ、思っていたよりも全然おいしいよ。

値段も手頃だし、面白いお店だと思うな。

お兄さんがいろいろ燃えてる感じで、
コミニケーションも積極的だし、
カフェとしてスペースが独立していない分、
孤独にお茶を楽しむ時間を確立するのは難しいかなとも思う。

逆に地区のコミニティとして機能してくれば面白そうだけど。

レクタン大

コメント

  1. さのやなぎ より:

    川本屋のお茶屋さんは知っていますが、カフェを経営していたとは全く知りませんでした.名前がいいですね.

    昔モール2丁目、今の「大戸屋」さんの場所にあった伝説の名店「喫茶 伊勢ぶら」を思い出します.元気な声で「いらっしゃいませ~」と丁寧挨拶の名物おじいいさんが
    懐かしいです.

    川本屋さんのカフェも往時の「伊勢ぶら」のようになってほしいな!

  2. 管理人 より:

    >さのやなぎさん
    ありましたね、「伊勢ぶら」。
    銀行の金庫を改装したお店だったっけかな?
    だいぶ雰囲気は違いますが、面白く成長してほしいです。