黄金町の「タケヤ」でナポリタン

あんないかがわしい場所なのに、
かつてオークラ系列だった謎ホテルの裏手です。

私がいつも通ってる道沿いにあるんだけど、
このお店に入る機会が訪れるなんて、ついぞ思わなかったぜ。

なぜなら、とっくに廃業してると思ってたから!

異彩を放つ外見ですが、いつもひっそりしてるんだもん。
まさか現役営業しているとは気がつかなんだわ!

ある時、お表のドアから人が、
それも明らかにお客さんらしき人が出てきたのを見て、びっくりよ。
やってたんのか!って、叫びそうになったぜ。

こうなると後へは引けませんよ。

おそるおそる扉に手をかけると、
中から見上げるにゃんこと視線が交錯。

にゃんこ様が、けだるい午後を過ごしているお店でもあるのか!

店内はコッテリとした昭和な雰囲気。
未来の見えない若者たちがたむろしてるジャズ喫茶ってイメージかな。

ロン毛の萩原健一デカが乗り込んできて、
パンチ一発で目を覚まさせる光景が目に浮かぶよ!飛び散る灰皿!

調度もかなり使い込んであり、ペラ椅子には、
もはやクッションがミリ単位でしか残っていません。

でも、なんか、とても落ち着くような雰囲気なんだよね。
少なくとも、私の肌にはしっくり馴染む感じ。

一見、無骨そうな白髭のマスターも実は優しそうだよ。

小腹が減っていたので、何か食べたかったのだけど、
甘味系は期待できそうにないので、つーかメニューにあるかどうかもわからんし・・・
マスターの言うスパゲティを食べてみることにしたよ。

でたッ!

これって大盛りじゃないんだぜ??
なにやら、スパにボリュームのあるお店なんだそうだ。
またも予想外な要素!

コシがナイデンテなスパを、丁寧に炒めた王道。

個人的には焦がすくらいが香ばしくて好きなんだけど、
チュルッとしたこれも実においしいわ。

食べごたえも十分で、まさかの掘り出し物だったなぁ。

珈琲もセットで付くんだそうだ。

こんな体裁だから、あまり期待はしなかったのだけど・・・おいしいじゃない!
またも予想を裏切ってくれたわ。

初手からいろいろ想定外のことが多く、面白い経験になったよ。

値段も安いし、にゃんこもカワイイし、気に入ったぜ!

もっと早くに入ってればよかったぜ。

コメント

  1. ガオ より:

    わぁ、タケヤさんだー!!
    うんうん、そうなんですよ、ショーケンが出てきそうなんです(笑)
    アタシは一度、映画の帰りにコーヒーを飲みに行ったきりなのですが
    ここの珈琲、安くて美味しいんですよね。
    ニャンコちゃん元気でしたか?3匹くらいいましたよね。
    カセットテープから流れてくるアナログな音も好きです。
    いつかいただいてみたかったナポリタン!
    ほんまさんの美味しそうな写真を眺めていたら
    ヨダレが出てきちゃいました(笑)
    近いうちに再訪してみなきゃいけませんね。

  2. 管理人 より:

    >ガオさん
    これだけお店を回っているのに、
    超近所のこういうスポットを見逃していた不覚。
    私もまた寄ってみたいです!