黄金町の「洗濯船」でレバーカツ、ロールキャベツ

大通り沿いにあるあの頃の洋食屋さん

近場で夕飯にはぐれた時、気軽に寄れて、安くておいしい、
こんなお店があるってのは実に幸せなことですね。

お店は古くて、ちっちゃいけど、
お母さんや老コックさんの対応もあったかで、居心地良いしね。

130417 015

ビーフカレーです。

たしかコックさんはコトブキ出身だと聞いたような気がしたけど、
あっちとは違って、あんまりモッタリしてないタイプ。

大きなお肉がごろりと入っているし、
甘めの優しい味なんだけど、ちゃんとスパイスの香りもしておいしいよ。

130417 013

カレーにはミニサラダ付き。

130417 016

ロールキャベツ。
一目見た印象は・・・デカッ!

写真ではわかりづらいと思いますが、
大ぶりのハンバーグが二つならんだようなサイズですわ。

ナイフがスッと入るくらい柔らかく、
優しいトマトスープで煮こんでありますよ。

ロールキャベツって、癒しを求める時に食べたくなるような、
家庭的で、どちらかと言うとパンチの弱いイメージがありますが、
こちらのは腕まくりして挑みたくなるような一品です。

130417 018

白板メニューのレバーカツ、メチャウマ!!

レバー独特のコクに、揚げ物の香ばしさが加わって、もはや最強。

ブリブリ食べちゃって、尿酸値も爆上げですわ!

相変わらず、熱々なおいしいご飯とお味噌汁がついて、
言うことなしだよな!