横浜橋商店街の「一宴」で鶏そばセット

スポンサーリンク

商店街の小脇に佇む中華店。

いつ頃できたお店か、定かではありませんが、
わりかし個性の強い界隈の飲食店の中では、
あまり押し出してこない印象でありましたね。

気が付くと、店頭にのぼりを立てて、
ルーローハンを名物として売り出している様子です。

お昼すぎの店内はそこそこの客入り。
ギリギリ昼食圏内なのか、役人らしき姿もチラホラ見られます。

メニューは特に台湾というわけでもなく、
幾つかの定食と麺飯という絞られた内容です。

大衆中華というより、中国人中華のテイストかな。

ランチの麺には半ルーローハンをつけることが出来ます。

なぜ、メインを鶏そばなどという枯れ品にしたのかというと
そこに”当店自慢”と書かれていたからなのですよ。

しかし、よくよく見回すと、あらゆるメニューに”特選”の文字が踊っており、
店側の推しは全く信用ならなかったことを知らされるのです。

実際、蒸鶏がチョロリと乗った、ごくごくレギュラーなおそばでした。

半ルーローハンはそれっぽいといえばそれっぽい。
少なくとも挽肉部分はちゃんと台湾風味です。

でも、ご飯がイマイチなので、再度がっつり攻めたいかと問われると、
まぁ今回だけで十分かもと思わせます。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました