横浜橋商店街の「ル・パラディ」でル・パラディ

商店街の脇道にあるケーキ屋さん。

品の良いオジサマが一人で作って売ってるお店です。

下北や吉祥寺のような街から、どうしてこんな場所に・・・
こんな、アジアな喧騒が飛び交うハマの最底辺に流れ着いてしまったのか。

実に謎の多いお店なのであります。

正直、こんな長く営業するとは思わなかったのですが、未だ頑張っており、うちでもたまにいただく機会があります。

チャリカゴに入れて持ち帰ったら、歪んじゃって、すみません。

ケーキも独特と言えば独特なんだよね。

お味は地味だけど、丁寧に誠実に作られた風。
レトロなんだけど、一般の昭和ケーキともまた違う感触で、どちらかと言うと、ドイツ&オーストリーな流れを引いていお菓子なのかも。

面白いのが、手前に写っている店名を冠したル・パラディ。
クリームとプラリネと生地が薄い層になって折り重なっています。

これって、なんかすごい手間がかかりそうじゃない?!
もっとキャッチーで簡単なもん作ればいいのになって思うんだけど、ご主人の趣味なんだろうね。

やっぱ謎多きお店なんだよな。