真金町の「龍華」でパイコーチャーハン

真金町の路地にある中華屋さん。

moudaさんとこで、拝見したビジュアルがヤバくてさ。

あります、ありますね。

昼間、前を通ってもすげー薄暗くて、
その薄暗い店内に高齢な婆さんのシルエットがぼんやり浮かぶ様・・・

ここって、入店のハードル、すんげー高いんだわ。
ちょっと様子見てみっかとか、そういう気さくなチャレンジをはねつけるよな!

そもそも、この場所で、どんなお客を相手に営業してるんだか分からねぇ!

商店街とか、人通りからは外れてるし、
近所の商圏はめちゃくちゃ地味なんだけどな。出前メインなのかな?

婆さんは接客の現役で、
息子夫婦と一緒に切り盛りしてるみたい。

ごくごく普通の中華屋さんに思えます。

噂のパイコチャーハンをいただきますよ!

期待していたよりもお肉の厚みはありませんでしたが、
この値段で乗ってくる分量でないのは確かです。

パイコーはほんのりカレーなあっさり味で、
巨デブじゃなくても負担なく食べられちゃう感じ。

ただ、ベースのチャーハンがかなりベッタリしてて、
ケミカルがボンバーな分、ひっくるめるとだいぶチープな印象です。

スープは醤油が尖った系で、ダシや汁そばの可能性は薄いかも。

どうも豚扱いの良い店らしいので、
角煮やチャーシューメニューも気になるな。