【移転】横浜橋商店街の「天ぷら 豊野」で海鮮丼

商店街の入り口にある揚げ物定食店。

場末のカウンターに一人座って、
大量の飯粒をザラザラと掻っ込みたい。

男には、そういう時が、あるもんさ・・・

あるも何も丼ならしょっちゅう食いたい気分が高まるのがデブ。
そんな時、一番に思い浮かぶのが豊野の天丼なんだけど、

まぁね、こんなのしょっちゅう食べてたら、
身体が保たないのは分かりきっているので、なるべく自制している次第です。
いつも混んでるしな。

そんなわけで久々になりましたが、
懐かしきカウンターのベタベタを確かめまいりました。

消費税の関係か、値段の改定があったみたいで、
でも券売機の値段は安いままで、なんかよく分からん状態です。

早くも10%になった時を見越してるのか、
とりあえずギリギリまで値上げせず頑張りたい気持ちは伝わりますな。

さて、定番の海鮮丼を注文したのですが、
あれれ、こんなにボリュームあったかなってくらいのてんこ盛り。

具が丼から完全に立ち上げっており、
まさにIMAX3Dの迫力で迫ってきますよ!

海老にキス、茄子、かぼちゃ、ピーマン、れんこん、
ミニかき揚げかと思ったら切り身の巨大アナゴ。

初めは喜んで食っていたのですが、
この日は油をまとった衣がバスっとしており、
それでもかぼちゃや茄子は美味しかったのですが、
穴子やキスがイマイチな風味で、しだいに箸の動きも鈍く・・・

折り悪く飯もバサバサだったし、
夏場の弱った中年胃にはかなりの重荷になりました。

うん、こりゃタマにでいいかなってお年ごろ。