横浜橋商店街の「立ち飲み 日昇」で扁肉&拌麺セット

スポンサーリンク

商店街の中国八百屋の脇に現れた立ち飲み処。

どうやら中華街の日昇グループみたい。

お酉さまの時に仮オープンしてたんだけど、
まさか、こんなお店まで進出してくるとは思わなかったよ。

串刺しの具を自分で選ぶ麻辣湯や
スパイスまぶしの羊串で一杯飲ませる他、

豆漿や油条なんかも用意されていて、
姐達の朝食需要にも対応しちゃうようなお店になるみたい。

感心したのは、うちの近所のアル中達で、
ひとたび、そこに酒の匂いを嗅ぎつければ、
得体のしれないこんな店にもしっかり出張ってきちゃうもん。

串が辛いとか、ヤギで胸がムカつくとかホザきつつ、
一杯やっつけてしまう順応力はさすがの一言です。

まぁ、中華のお姉さんが優しいから、
爺ィのヨタにも付き合ってくれるもんな。

その他、簡単なつまみに、飲み物はサワーが中心かな。

まず出てきたのは”中華の天ぷら”と書かれた海蛎餅。

店頭販売もしており、
レンジで温め直したものが出てきますが、
薄皮カリカリで普通においしくいただけます。

中身はほの甘く味がついた大量のキャベツと・・・細切り豚肉。

牡蠣は?海蛎餅って書いてるのに!
まさかの牡蠣抜きが炸裂!横浜橋!

でも、お味としては全然おいしく、アリです。

扁肉はワンタンスープ。

シンプルで皮がピロリとしています。

スープはやっつけというか、
湯をベースに作ったほの酸っぱいもので、
かなり胡椒が効いており、温まります。

飲み屋なので、飯物はほとんどありません。

数少ない炭水化物である拌麺は
ピーナッツペーストをベースにしたもので、
タレは緩めに仕上がっていますね。

それを平皿に盛るもんだから
周囲に飛び散ってもう大変。

麺はチュルンとした平うどんかな。
やはりシンプルな生活感の残る仕上がりよ。

これから先どのように落ち着くかは分かりませんが
お料理を楽しみにわざわざ目指すお店では無いと思います。

ただ、気さくに利用できそうで、
近所の民としては面白みを感じますね。

店頭で売っている肉まんを買ってみました。

さすがにお店で手作りしているわけではなく、
どこぞの工房から仕入れているのだと思いますが、
中華街の相場よりは値段も安めになっていますね。

この日はさらに割引で・・・

こういう時、やった!お得!と喜ぶか、
売れ残って痛みそうなのかと怪しむか、

こちらの場合は後者なので、おっかなびっくりの購入でありました。
でも、買っちゃうあたりが、私も南の下層住民として年季が入っているところ!

高菜と角切りの豚が入ったお饅頭で、
ほんのり手作り感がある素朴な作りなのですが、
いや、なかなかおいしいですよ。

お饅頭もアリだと思います!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました