横浜橋の「和記食坊」で沙県拌麺と雲呑スープ

スポンサーリンク

商店街にある中国料理店。

jincun さん、オススメありがとね!

焼鴨とかの中華な焼き物をウリにして、オープンしたお店ですね。元はパン屋だったテナントなので、ここらの中華屋としてはこざっぱりとしておりますよ。

店内でもハマの下町水準の安値でお食事できるのですが、お料理は店頭販売しているイマイチ風なお惣菜と大きく変わらないようなので、これまで食指が伸びなかった次第です。

その後、店頭のメニュー写真も増えて、どうやら店主の出身は福建なんだなということも滲んできました。

さらに、こちらの本店は決して流行っている風ではないというのに、いつの間にかイセザキモールへの出店も果たして、謎が多き、でも、頑張ってるんだろうなということは分かるお店です。

ここらでも、わりと一般的になってきた拌麺&ワンタンセットです。

お料理としてはシンプルな分、お味も大きく外れることもないように思えます。でも、食べたばっかの「沙県小吃」に比べると、ボリュームもあるし、ほのぼのした感じが漂うのがいいところ。

実はこのタイプの拌麺はそんな好みじゃないのよ。でも、ここのはピーナツとタレのバランスがちょうどよくて、わりかし食べやすいと感じました。 小さなワンタンはちょい皮が固めだけど、ほんのり酢の入ったスープでさっぱり。

こちらのお店は、とにかく小皿料理が安いからさ、しっかりお食事というよか、焼き物をつまみながら飲む利用法が最強かもしんないね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました