横浜橋の「天ぷら 豊野」で焼肉丼とエビフライ

スポンサーリンク

商店街の入口にある揚げ物の楽園。

ガツ盛りの天丼で、ハマの下町に名を轟かすお店です。

新型コロナで世情安らかではない最中の大復活。そして我々の心の中に、クエスチョンマークのかき揚げにできるくらいの謎を振りまいた謎のパスタ屋宣言……

依然として景気は芳しくないとはいえ、その後、お店もだいぶ落ち着いてきたのではないでしょうか。メインの天丼とパスタの他に、伊勢佐木町時代に扱った天ざる等、じわじわとニューが増えてきています。

お店はややコンパクトになったとはいえ、もともと天丼専科ではなく、とんかつやフライや定食等も扱うお店だったからな。メニューのバラエティでもって「丼豊野」とも差別化できるでしょう。

今回は巨大エビフライフェアということで、焼肉丼の上にまでエビフライが乗っかってきました。

こういう剛毅なとこが好きよ!

焼肉丼は伊勢佐木町でも食べたことがありましたが、あっちでは醤油or味噌というような調味料ベースの選択だったのに対し、こちらではにんにくorしょうがという香味の選択となっておりましたね。ちなみにコレはにんにくです。

お味はいわゆる生姜焼きっぽい仕上がりでね。お肉はやはりしょうが焼きに使うような大きなロース肉の薄切りを使っていましたよ。まぁ事故が起こるべくもない安定の丼であります。

海老は巨大とまではいえませんが、天ぷらのメインに使う立派なサイズのもの。フライの衣はバリッとして、大衆的な仕上がりです。

その他、カツ丼やフライ系の定食がお目見えするタイミングもありますので、折々のサービスメニューが記された店頭の黒板を要チェックだぜ。

コメント一覧

  1. 伊勢佐木モールのお店いつの間にか閉店してまた商店街の入り口に戻ってきていたんですね…

  2. >匿名さん
    そうそう、また、寄ってみて。

タイトルとURLをコピーしました