横浜橋の「延明」で腸詰、豚尾、桔梗和え

商店街にある中国東北惣菜のお店。

出来てからしばらく経つけど、日本人向けに軟化することもなく、
あのエッジの効いたラインナップはほとんど変わってないよ。

日本語はまだまだ完全じゃないみたいなんだけど、
お店の太いお姉ちゃんは一生懸命説明してくれたり、感じが良いね。

この商店街においてはどこかツンとした韓国系と、
熱心な中国系と性格がくっきり分かれているような気もするな。

買ってみたかった腸詰どーん!

一本が200~300gくらいで、お値段は手頃。
ドイツ系のブリンとしたものでも、台湾系のしっかりタイプでもなく、
もっそり魚肉ソーセージみたいな食感なんだよね。
マヨネーズをつけて食べたくなるような感じなの。

豚の尾は向こうでカットしてもらったわ。
骨の周りのゼラチン層をこそげていただきますよ。
煮込みのお味も丁度良し。

赤い唐辛子あえになっているのはなんと桔梗なんだとか。
中国や韓国では根っこの部分をえらい手間をかけて、あく抜きして食べるみたい。
喉に良いという、ちょっとした薬膳食材らしい。

干し大根のような、ゴボウのような、しっかり歯ごたえのある食感よ。

今回も面白かったな!

カスタムフィールド

参考URL: なし

オススメ: ★★★

コメント

  1. ふ゛り より:

    ほんまさんは、この巨大腸詰をこの形でかぶりついたのですか!?
    結構なサイズなので、食べ飽きたらどうしよう、と指をくわえて店頭を過ぎてるのであります。

  2. 管理人 より:

    >ぶりさん
    もちろんスライスしましたよ!
    ただ、このままの方がインパクトあるかなと。
    値段は高くないのですが一人だと正直飽きるかなぁ。
    炒め物とかに流用する感じになりそう。

    最近、盛り合わせも発注できるようになったみたいなので、
    今年のお正月はこっちで済ませちゃおうかしら。