横浜橋商店街の「実家惣菜店」でイカチヂミ

スポンサーリンク

酉の市の季節ですね。

うちの地元も大規模なお祭が行われることで知られており、本来ならば、神様にも社会にも正対できないような類の人々が、勝手な願いをぶちに浮かれ集まる風物詩となっております。

コロナの影響で、屋台の出店は大通公園沿いに限定しての縮小開催です。

例年の規模を考えるとだいぶ寂しいお酉さま。それでもこうして開催してくれただけ御の字でしょうね。やはり熊手販売にも不景気が漂っておりましたが、時折聞こえるヨヨヨイに元気をもらいました。

近年ではテキ屋屋台の他に、横浜橋商店街各店によるお祭り食の店頭販売にも注目が集まっております。それも今年は自粛しているらしく、例年通りはアジアな一部店舗にとどまっておりました。

この日は生憎と日中の天気も悪く、見込みほどの商品が履けなかったようで、たくさん仕込んだお店は夕方早々に見切って、惣菜等の投げ売りを始めておりましたよ。

「実家惣菜店」は元々不老町にあったお店と関係あるのかな? 一時期、商店街裏に韓国居酒屋を出店して、その後、こちらの惣菜店に移行したようです。キムチ激戦区の横浜橋においては新参店でありますが、ガッツと攻めの営業姿勢で、順調に食い込んでいる印象ですね。

帰り際、姐達の元気な声に呼び込まれ、まんまと3パックセットを買ってきてしまったのです。

んで、案の定、後悔したご報告です。

横浜橋を歩くと、アジアな惣菜がたくさんならんでいて楽しいですよね。でも、地元民的にいまいち手が出なくなったのは、それらがいつ調理したものか分からねぇから!! 飛ぶように売れるものでもなく、真夏の屋外になんら気を使わず放り投げっぱなしだったりする様を見ているので、どうしても警戒してしまうのです。

特に酉の市の際は、どこぞで大量調理されたパックが積み上がりまして、平素は信頼できるお店の商品もクオリティが下がるのが常だったりします。

これも見た目はおいしそうなんだけどね。

ヤンニョンチキンはほぼ衣、すげーニンニクでカッチカチボルボル。キムパはやや不穏な風味を漂わせ、豚耳の煮こごりは、もう完全に饐えておりました。

店頭の好きなパックを選ぶ形だったのですが、姐もたいがいでさ。ニコニコしながら、私の手渡したパックとは違う手元のものを包む不審行動。まぁ、どれもヤバさは大差ないんだろうけど。

これぞ横浜橋だなって、改めて身に染みました。

お店で売られている商品が安心安全とはいつから保証されたのか?! 平素、私らは気を抜きすぎているんですよ。この平和な日本に暮らして、危機管理の意識がすっかり薄れてしまっているんだよ。

正真正銘のバッタ品、本来は廃棄されるヤバい食品も安ければ文句ないだろう商法が流行る街。傷んだ惣菜、魚介や野菜も自分の眼力で選別しなければならないし、手元の財布や自転車カゴの荷物は注意深く守らねばならない。それを気づかせてくれるのが横浜橋商店街、今もなお戦後闇市のカオスが漂う無法の街なのであります。

私もこの荒んだ下町で育って、他人は軽々しく信用してはならないと痛いほど学んできたのに、まだこんな初歩的な罠に引っかかってしまうのか!

とりあえず、酉の市のアジア食は店頭に積んであるパックを避け、目の前で調理したものを選ぶのが無難・・・という、判断もまだまだ甘いのです。

わりとおいしそうに焼けていたチヂミを、私も1枚ちょうだいって言ったら、ババァが「あいよーっ」つって、今まさに調理中の生焼けをパックへダイレクトインしやがったのよ!

ババァ、フライパン見て「こりゃまだ早いけど・・・うん、ま、いっか」的な逡巡を私は見逃さなかったし、無言で「マジか?」っていう視線を送ったら「ケンチャナヨー!」的笑顔で返されたので、もういいやって、帰宅後に自分でこんがり焼き直した次第です。

令和の時代もヒリヒリしてるぜ、横浜橋!

コメント一覧

  1. アイヨーと渡された側はアイゴーだったと。
    そそくさとパック詰めされると流石にもっと焼けよとは言えなかったか。
    ところでヤンニョンの隣は何ですか?
    うまそう。

  2. >うんぱるんぱさん
    豚耳の煮こごりです。
    煮こごり部分がアウトでした。

タイトルとURLをコピーしました