阪東橋 の「三吉橋 小嶋屋」で焼き牡蠣、かけ

三吉橋の袂にあるお蕎麦屋さん。

ドベドベな飲食店が連なる地元において、
お客さんにも安心して紹介できる稀有な一店なのであります。

この日は平日の昼過ぎ。

時間は外して、やって来たこともあるんだけど、
他のお客はいなくてちょい寂しいよな。

このお店、クオリティは間違いないんだが、
周囲のトタン風景には全くなじまないんだわ!

従ってどこぞからやってくる蕎麦マニアを待つしか無いという
決して楽じゃない営業が続いてるのかもしれない。

実にもったいない!

なんとか頑張って欲しい!

まずは季節の一品から焼き牡蠣を。

バター風味の洋風な仕上がりで、粒マスタードが添えられている。

軽く粉をはたいて表面はカリッと、中はトロッと柔らかに、
実に具合よく火を入れてあるんだわ!

私はどちらかと言うと牡蠣の苦手な子なのだが、
これなら旨い!おいしく食べられるよ!

次は定番のだし巻。

甘めのタマゴはジュンわりとおだしを含んでいて、
これまたイイ感じに焼かれているね。

鴨せいろはただでさえおいしいつけ汁に、
リッチな鴨のエキスが滲んでしまっている反則品です。

わさびではなく、柚子胡椒が添えられてます。
鴨にちょいと乗っけるとこれまた良い感じ。

かけは細身の蕎麦は口当たりもよく、
汁がほんとうに美味しいの!

お蕎麦屋さんに来たら、
やはり冷たい蕎麦だろうって思うのだけど、
こういう汁そばなら大歓迎だな。

また来よ!