曙町の「富寅馬」で地獄麻辣牛肉麺

曙町二丁目交差点の近くに出来た牛肉麺のお店。

jincunさん、情報サンキュー!

近所で安い買い物をするだけのしょっぱいGWでありましたよ。
この日もユニクロからチャリチャリ帰っていると、通りの向こうに何やら見慣れぬお店を発見!

ハンパな時間でしたが、通しで営業していたので、早速入ってみることにしました。

中はテーブル席で綺麗サッパリ。
お姉さん、お兄さんの対応も優しい感じです。
ニューオープンのお店って、これから頑張っていくぞ!気持ちがキラキラしてて気持ちいいよね。

とりあえず、麺とおつまみ小皿でスタートしつつ、徐々にメニューを増やしていく予定なんだって。卓にIHヒーターも仕込まれていたので、そのうち火鍋なんかも出てきそうだね。

開店サービスなのか、試食の小皿が出てきましたよ。

件のクソ辛いピーナツと、スネ肉の冷製。
もはやビールを頼まなければならないコーナーへ追い詰められちゃった気分であります。

どちらも本格的な四川味で、これは期待できそうだと思っていたのよ。
そしたら、こちらはあの「華隆餐館」の関係店なんだってさ。

まぁ、間違いはないということだよね。

看板の牛肉麺はやっぱり麻辣なものがオススメとのこと。

白濁したベースの飲みくちは刀削麺と春雨の中間くらいかな?
麻辣の油が浮かんで、香菜の風味と非常によくマッチしています。

麺は平打ちの中太麺で、気持ちソフトな食感。
ボリュームたっぷり入っておりますよ。

柔らかく煮えた牛角、高菜漬にチンゲンサイ。
文句なく旨いです!

辛味は地獄ってほどではないけれど、食後には鼻水垂れるレベル!
また、半日後の下腹部の痛み、穴の火照りは不可避だと覚悟してくれたまえ!

やっぱ四川の人たちって、内臓も強く育つのかな?
自分が弱いのは分かっていても、また食べたくなっちゃうのが怖いとこですね。

狭いエリアで系列も3店になって、違いが麺だけというのもアレなので、白湯じゃないものとか、成宗汁無し担々麺的なものとか、飯物とか、こちら独自の特色出てくればいいなと思いつつ、また様子見に行こうと思います!