曙町の「寿々喜家」でラーメン

曙町で繁盛してる家系ラーメン店。

曙町に大きなスーパーが出来た時は「けっ、サミットかよ、行かねーよ」なんつって、生意気をこいていましたが、今では我が家の主要仕入先になっております。

「サミットファンの歌」も「なかよし土日の歌」も、もはや脳の最も深い場所まで染み込んで離れない状態なのです。

そんなサミットへと続く大通りにおいて、関所のように、デブの行く手を阻むのがこのお店。

チャリンコをひた走らせる私の耳に、シューベルトの魔王ばりにささやくのよ。「食べていけぃ」と!

ダメだ!間食にラーメンなんて!もってのほかだ!

でも、お父さん、お父さん、魔王が僕をお店に連れて行ってしまうよ・・・

行列こそありませんが、通し営業中はコンスタントに集客しており、なかなか流行っているなという印象ですね。

ぶっちゃけ、突出した個性は思い浮かびません。

しかし、おいしい。

やっぱバランスの妙なのかな。
それぞれの要素がちゃんとアベレージを越え、総合力としての高満足度。
家系ラーメンとしてのハイスタンダードの位置にあるのかなと感じます。 

尖った本家が、もはや追いきれないようなとこを走っているので、私にとってはすごく落ち着くお味ですよ。

レクタン大

コメント

  1. ウニ鈴木 より:

    麺の色はもっと黄色みがかったような気がしましたが、光の加減のせいですかね?
    もしかして変わったのかな?

  2. 管理人 より:

    >ウニ鈴木さん
    おかしなとこがあったら、大抵、私のせいです!