【閉店】曙町の「常州飯店」であんかけ炒飯、焼き餃子

鎌倉街道沿いにある中華のお店。

我々の日常風景にはいくつもの小さな謎が点在している・・・

いつ見てもお客さんはいないのに、全く閉店の気配が無いこのお店も、
そんな街角ミステリーの一つであるわけだ。

091220_020

なにせ、隣は24時間酔っぱらいが眠らないあの魔店・・・
丸かぶりの大衆中華分野で勝機が見えるのだろうか・・・

おお!この日は珍しく先客がいると思ったら、
それはお店のおばちゃんとコックで、やはりお客さんは私だけ・・・

中は綺麗って感じでも無いんだが、雰囲気は落ち着いているので、
某店の殺気が苦手な向きには良いのかもしれない。

メニューはごくごく定番な中国人大衆中華のもの。
特徴は薄いけど、手頃な値段で麺飯や定食がいただけるようだ。

特にオシもなさそうなので、とりあえず、目についたものを注文。
稲川会幹部のグラビアがまぶしいヤクザ誌を熟読しながら待つよ!

091220_022

あんかけチャーハンは料理長の故郷の味とのこと。
メインは海苔で、ちょっと福建ぽいよね。

ベースの卵炒飯はややウェットでごくごく大衆的な仕上がり。
餡はあっさりとしてて、食べ飽きない感じだよ。

細切りの絹さやがしゃっきりとした歯ごたえのアクセントになってるのだが、
同時になんかのジャリッとした、歯にさわる違和感があり、う~ん。
海苔についてる砂かなんかなかな?もったいないな。

091220_024

手作り餃子は、けっこう大ぶり。
両面を揚げ焼きみたいになっていて面白いね。

餡は町中華というより、中華街で出てきそうな感じよ。
値も手頃だし、これはこれで良いかなぁと思う。

大衆店としてはパンチに欠け、本格店というにはチープで、
現地臭もあんまり感じない平凡な印象だなぁ。
深夜店も多いし、なかなか厳しいと思うんだけどなぁ。

私が窓辺でハフハフ食ってると、その姿に誘われたのか、
風俗帰りの兄貴や、出前希望の風俗ボーイなんかがチラホラやってきた。

出前か・・・なるなる。そういうことか?

カスタムフィールド
レクタン大
レクタン大

コメント

  1. なまこがすき より:

    ここはおこげ(あつあつにじゅーってあんをかけるやつ)とパーコー麺がうまいのです・・・。
    次はぜひ!

  2. 管理人 より:

    >なまこがすきさん
    そうなのか!
    あとはね、春雨定食にも惹かれたのですが、
    さすがに原価安いだろ!って貧乏根性が出てしまったよ・・・