【閉店】曙町の「翠園楼」でパイコー麺

鎌倉街道沿い、ピカソのはす向かいにある中華屋さん。

このお店も長らく謎の店として引っかかってたんだよな。
歴史がありそうでもあり、無さそうでもあり・・・

ただ、自分が入ることは想定してなかったため、
軽く通り過ぎていたのが正直なところよ。

店頭はすり切れるほど通り過ぎてるんだけど、
それなりの体裁をしたお店なのに、昼間はもとより、夕方から深夜にかけて、
あらゆる時間帯で、お客さんの気配を感じないんだよな。

なにか闇のしのぎがあるのか・・・

そんな想像をしていたんだけど、
入ってみたら、ごくごく普通のお店だったわ。
お店の人は向こうの人っぽかったけど。

たださ、客層は濃そうだぜ。
ポツンポツンと飯を食っている老人たちの雰囲気がそれっぽい。
ビル持ちの婆さんやらが界隈の裏話とかしてたり。

メニューは特別な地方性もなく、一通りラインアップされていて、
価格は周辺の町中華の水準としてはほのかに高い感じ。

店頭のイチオシ料理にラインアップされてたパイコー麺。
オーソドックスな仕上がりだけど、けっこうおいしいわ!

パイコーはほのかなカレー風味で、
赤みのついた下味にコクのある仕上がり。
スープはあっさりで、ケミカルな嫌味を感じず、スバスバ飲めちゃう感じ。
麺も歯ごたえよく茹だってるし、悪くない。
中華街の昔ながらのって感じの一品になってるよ。

サービスで杏仁もついてきたわ。

うるさいお客もいないし、まったりな空気が流れていたよ。
実はけっこう悪くないお店なのかも。

またいって焼きそばやチャーハンとかも食べてみたいわ。

コメント

  1. いその爺 より:

    ワンブロックに一軒・・・いや!三軒は在る街中華料理系激戦区、
    その割には、どこか薄い雰囲気と混沌とした生活感が漂う処であります。
    お客が薄いわりに存続していく力の強さに何時も驚いているんです。(笑

    横浜の“まったり町中華”は国籍を超え、習慣や感性をも飛び越えたかな?

  2. 管理人 より:

    >いその爺さん
    そうそう、なぜか存在感が薄いんですよね。
    ずっと同じお店が営業してるのかも、よくわからない状態です。
    なんとなく古そうな雰囲気でもあるのですが。
    お料理はどうなんだろうか?