曙町の「錦ちゃん餃子楼」で牛バラ飯+餃子セット

鎌倉街道沿いにある中華屋さん。
ラ・ベルラさんからオススメもらってたんだよね。

こんな名前だしさ・・・

このろくでも無い地元への不信感ての?
近くのお店にはあんまり期待値が上がらない病ての?

そんなこんなで、やっとの入店を果たしました。

中は以前の韓国ラーメン時代とあんまり変わらんわ。
カウンターとテーブルが3つくらい。

ホールの兄貴も厨房のおっちゃんも向こうの人っぽいけど、
対応は丁寧なので好感が持てるよ。

メニューは中華のお料理がひと通り揃っていて、
お値段はだいぶ安いね。

上海料理店を名乗っているだけあり、
それらしい品も並んでいるわ。

この日はすでに夜も遅く、一人だったので、
看板に書いてあった牛バラ飯と餃子のセットメニューをやっつけることに。

まずやってきたのはサクっと羽つきな焼き餃子。

正直、あんまり期待してなかったんだけど 
ここは餃子楼なんだから、餃子を外すわけにもいかんだろ!
ってことで試しに食ってみたの。

こいつがイケる!

我々の連想する焼き餃子よりも、むしろミニ肉まんに近い餡で、
タップリと食べごたえがあり、ジューシィー。

どちらかと言うと水餃子方向なのかな?
それでも焼き込んだ香ばしさも捨て切れないわ。

うん、アタリだと思う。

牛バラ飯はだいぶ地味めのルックス。

白菜ばっかかと思ったら、お肉も十分沈んでいたわ。

香料等は抑えめで、だいぶ食べやすい仕上がりで、
手堅く固めてきた印象よ。

餃子にもボリュームがあるので、かなりお腹いっぱいになったわ。

全体としての印象は悪くなく、
案外いいじゃん、また寄ってみようかなぁという感じ。

今度は上海料理系を攻めてみたいと思う!

カスタムフィールド