【閉店】長者町の「天丼家」で俺盛り天丼、塩そば

スポンサーリンク

「かに道楽」の向こう岸にある天丼店。

前は立ち食いそばのお店で、
値段の割に頑張ってる天丼も出していたんだよね。

その丼を主力に移行したのかなと思ってたら、
実はまた別のお店になっていたようで、
ずっとスルーしてしまいました。

今回は塩味の日本蕎麦ってのが気になって入ったんだけど、
天丼屋で天丼食ってねぇのもなんだしと思いなおして、
まずは基本メニューを頂くことにしましたよ。

他に鉄火丼やカツ丼や親子丼などもあって、
天丼屋さんというよりは丼専科という認識の方が正しいのかも。

店内は狭く、両側の壁に向かってそれぞれ数席のカウンター。
入口で食券を買って奥のオバちゃんに渡します。

時間によってですが、
パチンカー達でそこそこ賑わっている印象よ。

かさのある野菜かき揚げを枕に、
エビ天を並べた飛び出す立体盛り付け。

ご飯はやや安めですが、
荒男子を納得させるボリュームがあります。

かき揚げは玉ねぎや人参、かぼちゃなどの細切りを具にしており、
シャクシャクに揚がっていますが、やや油もたれる感じ。

3尾も入ったエビは値段を考えるとおごっています。
ただ、プリプリに加工し過ぎて、もはやエビでない何かに変貌を遂げています。

それでも甘辛い天かすで飯をかっこむ、
天丼の基本理念は抑えてあり、必要十分かもしれません。

でも、もうちょいタレがほしいかも。
タレを卓上に置いといてほしいです。

まぁ、味噌汁もつくし、文句は言えないかな。

さて、気を取り直しての再訪問。
通しの営業なので、思い立った時に立ち寄り易いお店ですな。

お目当てのの塩そばは、あさり出汁の塩スープ。

ちらっと見えてますが、
風味付けのバターも入って、和のような洋のような、
じんわり旨味を感じるスープで、これはけっこう好きかも。

日本蕎麦の世界はかなり保守的で、
今のスタイルを確立して以降、ほとんど新味が加わっていない気がします。

なるほど、おすまし的な塩汁があってもいいのかなとも思いますが、
蕎麦独特の風味にはやっぱ醤油の強さが必要ということなのかも。

ただ、こちらのお蕎麦は、蕎麦と小麦の比率が逆転したようなムッチリ麺で、
少なくとも、この汁には違和感なく馴染んでいますね。

若干砂じゃりではありますが、
あさりもケチらず入っており、全然アリだと思いますよ。

お蕎麦には小丼をつけることも可能。

もう1つ気になっていたタルタル唐揚げ丼を付けちゃいました!

肉片は小ぶりですが、揚げたて唐揚げは絶対正義ですね。
また、小丼にもかかわらず、半熟玉子天が丸一個入ってくる時点で、
卵スキーとしてはかなりポイント高いです。

一応、タルタルでコッテリを増していますが、
丼として、飯を食わすタレが無いのは非常に残念。

でも、セットならば、余った白飯と
あさりスープで持って、雑炊的にいただくこともでき、
新たな地平が開けます。オススメです。

天丼はややアレですが、
塩そばセットはいいんじゃないかな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました