長者町の「モンテローザ」でオリジナルフレンチチェリーパイ

スポンサーリンク

エイトセンターの隣にあるケーキ屋さん。

今年の神奈川展で、らしからぬケーキを売っていたので、
気になってお店を覗いてみたら、こんなことになっていたぞ・・・

元々、不二家のパチもんみたいな昭和ケーキを売りつつ、
ファミレス的洋食喫茶も併設してたお店なんだけど、

いやいやいやいや。
脱皮が激しすぎて、蛾か!とツッコミ入れたくなるような変貌ぶりです。

小売のケーキ屋さんとしては、
市内でもあまり知名度は高くないと思うのよ。

喫茶店や夜の街なんかに卸したり
微妙なスーベニア菓子を作ったりってのが、メインなんだと思うよ。

次代を見据えて、ブランドを強化する意図だと思うのだけど、
よりによって、この場所に、こんなお店を企画した奴はヤバイよな。

アールヌーボーってタマかよな!

何回か様子見てたけど、誰も買いに来てないもん!

でも、ケースに列んだお菓子は、
今風に整っていて、わりとおいしそうなんだよね。

生菓子は回転してるかちょい心配だったので、
とりあえず、表の看板で推していたチェリーパイを買ってきたよ。
比較的、日持ちしそうなやつだからね!!

なにが”オリジナル”なのかはさっぱり分からんけど、
具には2種類のフランス産チェリーを使い、
酸っぱいジャムとほの甘いコンポートを並べています。

パイ生地の上には薄いスポンジが敷かれ、
カスタードクリームは無いので、ちょい残念。
でも、その分、保存性は良さそうね。

甘酸っぱさがしっかりきて、食べごたえは十分。
でも、アイスなりを添えて酸味を丸めたくなる感じでもあるな。

チェリーパイ自体こういう形で販売するお店が少ないし、
それなりにレベルアップしてる気もするよ。

ただ、かといって、食べて、おほーーって域でもなく、
高級店にはちと届かないような微妙な立ち位置は変わらんかな。

後日、ショークリームとプリンっも買ってきました。

ショークリームは立派なサイズじゃん。
表面にクッキー生地を乗せて、
ファンタスティック・フォーみたいになっています。

ただ、冷蔵庫に入れて、ちょいヘナってたわ。

クリームは特に思うところもありませんが、
たっぷり詰まっていて、フツーに好感が持てます。

一方、なめらかタイプのプリンは小さっ!
もうね、この容器がオサレでしょ、っていう、ただそれだけの商品です。
細口に対応したスプーンをつけてくれるのですが、
2すくいくらいで、食えちゃうからな!

やっぱ、見た目に背伸びしてる感じはあるのですが、
中身がもう一歩おっつかない部分も感じます。

これから、どうするんだろな。

コメント一覧

  1. 相変わらず、福富町はわたしの夜の楽しみなので、この店の前はよく通っていました。前身のモンテローザの時は、夜な夜な整形美女とコーヒーとケーキ食べにいってたんだけど、この店に変わってからもう随分と経ってるんだけど、ドアを開けて中に入る勇気がないの!腹がつかえてガラスの向こうの世界には入れないんじゃないかって?
    勇気出して入ってみるかな?
    しかし、なんでああいう,入り辛いイメージにしたんだろう?

  2. >ら・ぺるらさん
    店への差し入れに使ってくれってことなんでしょうかね。
    ここでの小売も実はあんま重視してなくて、
    お土産品やらに高級イメージつけたいのかな?

タイトルとURLをコピーしました